このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
刈谷市 人が輝く安心快適な産業文化都市
トップページに戻る
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual
サイトメニューここまで

本文ここから

国民健康保険税の納付方法と納期限

更新日:2017年4月1日

国民健康保険税は、納付書による納付、国民健康保険税を引き落とす口座を指定していただく口座振替制度による納付、年金からの天引きによる納付のいずれかにより納めていただきます。
国民健康保険税納税通知書は、年度当初から国保に加入している世帯へは前年の所得が確定した後の7月中旬に、年度途中から国保に加入した世帯へは届出月の翌月に、それぞれ世帯主あてに郵送させていただきます。納期限までに必ず納めてください。

納付書で納付または口座振替の世帯の納期と納期限

平成29年度

納期 1期 2期 3期 4期 5期 6期 7期 8期
納期限 7月31日 8月31日 10月2日 10月31日 11月30日 12月25日

平成30年
1月31日

平成30年
2月28日

  • 納付書で納付の世帯は、7月から翌年2月までの8回、それぞれ月末を納期限としていますが、末日が土曜日、日曜日や祝日にあたる場合は、次の平日(翌月)を納期限としています。(第6期は除きます。)
  • 口座振替の世帯は、前納(第1期の納期限の日に1年分の国民健康保険税を引き落とす)か期別(各納期限の日に分割して引き落とす)かをお選びいただくことができます。ただし、年度途中に国民健康保険税が増額する場合は、事実発生月の翌月から期別で引落を行います。
  • 年度途中において、国保世帯の加入状況や所得状況が変更された場合は、事実発生月の翌月に、国民健康保険税に増減額を反映させ、納期限未到来の納期で按分して請求します。

国民健康保険税の納付は、便利で確実な口座振替制度をご利用ください

国民健康保険税の納付には、納期限の日にご指定の口座から自動で引落しされる口座振替制度をご利用ください。(手数料はかかりません。)
口座振替の手続きは市役所または市内金融機関でできます。手続きには預金通帳、印鑑(銀行に登録したもの)、被保険者証をお持ちください。

一定条件を満たす世帯は、年金からの天引き(特別徴収)により国民健康保険税を納めていただきます

次の条件をすべて満たす世帯は、世帯主へ支給する公的年金から国民健康保険税(約2か月分)を差し引いて納めていただきます。

  • 世帯主が国保の被保険者となっていること。
  • 世帯内の国保の被保険者の人全員が65歳以上75歳未満であること。
  • 特別徴収の対象となる年金の年額が18万円以上であり、国民健康保険税が介護保険料と合わせて年金受給額の2分の1を超えないこと。
  • 介護保険料の特別徴収対象者であること。
  • 口座振替による支払いとなっていないこと。

年金天引きの世帯の納期と納期限

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
仮徴収   仮徴収   仮徴収   本徴収   本徴収   本徴収  
  • 4月・6月・8月の天引きは、前年の所得が確定するまでの間に仮算定された国民健康保険税(前年度2月の天引き額と同額)での徴収(仮徴収といいます。)となります。
  • 10月・12月・2月の天引きは、確定した税額から仮徴収分を控除した額を3回に分けて徴収(本徴収)となります。

平成29年度から新たに年金天引きになる場合

前年度まで普通徴収で、今年度より特別徴収の対象世帯となるなど、新規に特別徴収が開始される場合は、10月の年金支給分から特別徴収となります。
この場合、1期と2期と3期までは普通徴収として納付書での支払となり、10月分以降は特別徴収となります。

7月 8月 9月 10月 12月 2月
1期(納付書) 2期(納付書) 3期(納付書) 年金天引き 年金天引き 年金天引き

年金天引きから口座振替への徴収方法の変更について

国民健康保険税の納付について滞納がなく、口座振替により納付を希望される方は、申出により、年金天引きから口座振替に納付方法を変更することができます。
前年11月末までに申出書を提出していただければ、翌年度から年金天引きから口座振替に変更となります。

国民健康保険税を滞納すると、延滞金が加算される場合があります

被保険者の皆さんが納付する保険税は、大切な医療費の財源になります。もし誰かが滞納するとみんなが迷惑を被ることになります。国民全員で支え合う医療保険の意義を理解し納税に努めましょう。
国民健康保険税を滞納すると、地方税法に基づく処分を受けます。滞納した国民健康保険税には延滞金が加算されます。特に著しい滞納者には保険証を返還するように命じることになります。その場合には医療にかかるときに病院の窓口に資格証(保険証のかわりに交付されます)を提示して医療費の全額を一旦支払い、後で保険者に申請して給付を受けることになります。

お問い合わせ

国保年金課
刈谷市東陽町1丁目1番地
電話:0566-62-1011(国民年金係) 0566-62-1206(国保賦課・給付係) 0566-62-1207(医療係) FAX:0566-24-2466

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

国民健康保険

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。

刈谷市役所

〒448-8501 愛知県刈谷市東陽町1丁目1番地
電話番号:0566-23-1111(代表)
開庁時間:月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜日・日曜日、祝日及び年末年始は休み)
Copyright © 2012 Kariya City,Aichi,Japan. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る