このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
刈谷市 人が輝く安心快適な産業文化都市
トップページに戻る
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual
サイトメニューここまで

本文ここから

保険証が使えないとき

更新日:2014年2月14日

 次のものは国保での支給を受けることができません。また、保険税を滞納している場合、給付の一時差止めを行う場合があります。

病気とみなされないとき

  • 健康診断
  • 予防注射
  • 美容整形
  • 歯列矯正
  • 正常な妊娠と出産
  • 経済的な理由による妊娠中絶

労災保険の対象となるとき

  • 仕事上の病気やけが
  • 通勤途中でおこったけが

国保の給付が制限されるとき

  • 故意の犯罪行為や事故
  • けんか、泥酔による病気やけが
  • 刑務所、少年院などに拘束されたとき
  • 医師や保険者の指示に従わなかったとき

職場の健康保険の被保険者となった場合、刈谷市外へ転出した場合は、国保を使うことができません

 職場の健康保険の被保険者となった場合や、刈谷市外へ転出した場合は、該当した日以後は刈谷市の国保を使うことはできません。新しい保険証を作成中でお手元に届いていない場合であっても、資格は認定日をもとにして喪失することになります。あやまって国保の保険証を使って診療を受けると、後日診療費の返還をお願いする場合があります。病院にかかる必要が出てきたら、新しい保険証の保険者番号と記号番号を事前に確認してそれを伝えるようにし、国保の保険証は使わないようにしましょう。

お問い合わせ

国保年金課
刈谷市東陽町1丁目1番地
電話:0566-62-1011(国民年金係) 0566-62-1206(国保賦課・給付係) 0566-62-1207(医療係) FAX:0566-24-2466

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

国民健康保険

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。

刈谷市役所

〒448-8501 愛知県刈谷市東陽町1丁目1番地
電話番号:0566-23-1111(代表)
開庁時間:月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜日・日曜日、祝日及び年末年始は休み)
Copyright © 2012 Kariya City,Aichi,Japan. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る