このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
刈谷市 人が輝く安心快適な産業文化都市
トップページに戻る
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual
サイトメニューここまで

本文ここから

国民健康保険とは

更新日:2016年2月18日

 職場の医療保険(健康保険組合や共済組合など)に加入している人、後期高齢者医療制度に加入している人、生活保護を受けている人などを除いて、その市町村に住んでいる人は、みなさん国民健康保険(国保)の加入者(被保険者)になります。
 国民健康保険は市町村が保険者となります。ですから、国保の加入者は市町村に保険税を納め、市町村から医療の給付を受けることになります。

国民健康保険の加入者は、市町村に保険税を納め、市町村から医療の給付を受けます

資格ができるとき、なくなるとき

 こんなときは、速やか(原則14日以内)に届出が必要になります。なお届出の際には、運転免許証や住基カード、パスポートなどにより、窓口に来た人の身元確認をさせていただきます。
 また、窓口に来た人と変更になる人の個人番号を確認する必要がありますので、それぞれの人について、マイナンバーカード、通知カード、個人番号が記載された住民票の写し、住民票記載事項証明書のいずれかをお持ちください。

国保に入るとき

こんなとき 届出に必要なもの
他の市区町村や日本国外から転入してきたとき 印鑑
職場の健康保険をやめたとき 職場の健康保険を喪失した証明書、印鑑
職場の健康保険の被扶養者からはずれたとき 職場の健康保険の扶養からはずれた証明書、印鑑

子供が生まれたとき

印鑑
生活保護を受けなくなったとき 保護廃止決定通知書、印鑑
  • 他の市区町村等から転入した人は、事前に転入届を提出してください。
  • お子さまが生まれた場合は、事前に出生届を提出してください。
  • 退職者医療制度の対象の方が国保に入るときは、年金証書もあわせてご持参ください。

国保をやめるとき

こんなとき 届出に必要なもの
他の市区町村や日本国外へ転出するとき 被保険者証、印鑑
職場の健康保険に加入したとき 被保険者証、印鑑、職場の健康保険証または加入を証明するもの
職場の健康保険の被扶養者になったとき 被保険者証、印鑑、職場の健康保険証または加入を証明するもの
死亡したとき 被保険者証、印鑑
生活保護を受けるとき 被保険者証、保護開始決定通知書、印鑑
65~74歳の一定以上の障害者で、申請により後期高齢者医療制度に加入したとき 被保険者証、後期高齢者医療制度の被保険者証、印鑑
  • 他の市区町村や日本国外へ転出する人は、事前に転出届を提出してください。
  • 被保険者が亡くなった場合は、事前に死亡届を提出してください。

その他

こんなとき 届出に必要なもの
退職者医療制度の対象になったとき 被保険者証、年金証書、印鑑
市内で住所が変わったとき 被保険者証、印鑑
世帯主や氏名が変わったとき 被保険者証、印鑑
世帯を分離したり合併したとき 被保険者証、印鑑
修学のため別の住所を定めたとき 被保険者証、在学証明書または学生証の写し、印鑑
被保険者証を紛失・破損したとき 身分を証明できるもの、印鑑

届出が遅れるとトラブルのもとになります。

  • 保険税をさかのぼって払わなければならないことがあります。
  • 医療費を全額自己負担しなければならないことがあります。
  • あとで医療費を返さなければならないことがあります。

国保で受けられる給付

 国保で受けられる保険給付には以下のものなどがあります。

  • 療養の給付・・・病院の窓口で精算されます。患者さんは一部負担を支払うだけです
  • 高額療養費・・・支払った医療費が高額になった場合の給付です
  • 高額介護合算療養費・・・医療保険と介護保険の合算額が高額になった場合の給付です
  • 療養費・・・いったん医療費の全額を支払って、あとで保険から償還を受けます
  • その他の保険給付・・・出産育児一時金葬祭費があります

国民健康保険税

 国保の加入者には、その世帯ごとに、世帯主に対して、国民健康保険税が課せられます。世帯主が国保の被保険者ではない場合でも、世帯内に国保の被保険者がいる場合には、世帯主に課税されます。

 刈谷市の国民健康保険税は、地方税法第703条の4第4項に基づく所得割・資産割・均等割・平等割の4要素のうち、資産割を除いた3要素で計算します。なお、40歳から64歳までの人は、介護保険第2号被保険者として、あわせて介護分保険税も納付することが義務づけられます。

 税額の算定方法など詳細については、「国民健康保険税の概要と算定方法」のページをご覧ください。

区分 説明
所得割 世帯の被保険者の課税所得額に対し一定の割合で課税されます
均等割 加入している被保険者の人数に対し一律の額が課税されます
平等割 世帯ごとに一律の額が課税されます

お問い合わせ

国保年金課
刈谷市東陽町1丁目1番地
電話:0566-62-1011(国民年金係) 0566-62-1206(国保賦課・給付係) 0566-62-1207(医療係) FAX:0566-24-2466

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

国民健康保険

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。

刈谷市役所

〒448-8501 愛知県刈谷市東陽町1丁目1番地
電話番号:0566-23-1111(代表)
開庁時間:月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜日・日曜日、祝日及び年末年始は休み)
Copyright © 2012 Kariya City,Aichi,Japan. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る