このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
刈谷市 人が輝く安心快適な産業文化都市
トップページに戻る
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual
サイトメニューここまで

本文ここから

国民健康保険の資格喪失日以降に国保の保険証を使って受診した場合、診療費の返還をお願いすることがあります

更新日:2014年4月1日

国民健康保険は、資格喪失後の受診では使えません

 国民健康保険は、刈谷市外へ転出した日や職場の健康保険の認定を受けた日をもとにして資格の喪失手続をとります。転出後や職場の健康保険を作成中に刈谷市の国保を使って診療を受けると、国保資格喪失後に保険証を使用したことになり、後日、国保が病院へ支払った診療費の返還をお願いする場合があります。

年齢区分 自己負担割合 保険者等負担分
70歳以上の方 1割、2割または3割 9割、8割または7割
未就学児 2割 8割
若人(上記以外の方) 3割 7割
  • 障害のある人、母子家庭等の人あるいは中学生以下の人で、医療費の一部負担額を助成する制度を活用し、実質自己負担をしていない人であっても、国保資格喪失後に受診した場合は、保険者等負担分の返還をお願いする場合があります。

刈谷市国保以外の健康保険に加入した後で国保を使ったことがあるとき

 新しい保険証を持って国保を使った病院へ行き、事情を説明して保険証を提示してください。
 月末を越えていなければ、たいていの病院は対応してくれます。

新しい保険証ができるまでに病院へ行きたいとき

 事前に、新しい保険証の保険者番号と記号番号を確認し、受診時に病院に事情を説明してください。
 刈谷市の国保は使わないようにしましょう。

診療費返還の手続にご協力ください

 診療費の返還が必要になった場合、対象の世帯へ通知書、納付書、同意書を送付します。納入期限までに、納付書の裏面に記載されている指定金融機関でお支払をお願いします(申し訳ございませんが、コンビニエンスストアでのお支払はできません)。

診療費返還後の手続きについて

 返還していただいた診療費は、受診時に加入していた健康保険から払い戻される場合があります。詳しくは、受診当時に加入していた健康保険にご相談ください。
 なお、申請の際は、返還をお願いした通知書、通知書とともに同封した同意書、お支払いただいた診療費の領収書が必要になります。大切に保管してください。

お問い合わせ

国保年金課
刈谷市東陽町1丁目1番地
電話:0566-62-1011(国民年金係) 0566-62-1206(国保賦課・給付係) 0566-62-1207(医療係) FAX:0566-24-2466

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

国民健康保険

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。

刈谷市役所

〒448-8501 愛知県刈谷市東陽町1丁目1番地
電話番号:0566-23-1111(代表)
開庁時間:月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜日・日曜日、祝日及び年末年始は休み)
Copyright © 2012 Kariya City,Aichi,Japan. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る