このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
刈谷市 人が輝く安心快適な産業文化都市
トップページに戻る
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual
サイトメニューここまで

本文ここから

下水道使用料(平成26年6月から)

更新日:2014年3月25日

 汚水管に接続し、実際に汚水を流すようになると、汚水処理費や汚水管の補修清掃などの維持管理費にあてるため、流した汚水量に応じて、使用者に下水道使用料を負担していただきます。

 消費税率の改定に伴い、平成26年6月1日以降の検針分より、新使用料で下水道使用料をご請求させていただきます。

 平成26年5月までの下水道使用料につきましては、下記ページをご覧ください。

下水道使用料(平成26年5月まで)

使用料金(平成26年6月検針分から)

 使用料金は、汚水量に応じて下記の下水道使用料料金表に基づいて計算します。
 基本使用料と従量使用料の合計額が使用料金になります。

下水道使用料料金表(2か月あたり)(税込)
種別 区分 汚水量 使用料
一般汚水 (基本使用料) 1,512円

従量使用料
<汚水量別>

20立方メートルまで

1立方メートルにつき 10円80銭

20立方メートルを超え
40立方メートルまで

1立方メートルにつき 75円60銭

40立方メートルを超え
80立方メートルまで

1立方メートルにつき 108円

80立方メートルを超え
200立方メートルまで

1立方メートルにつき 124円20銭

200立方メートルを超え
1,000立方メートルまで

1立方メートルにつき 145円80銭

1,000立方メートルを超える量

1立方メートルにつき 194円40銭

公衆浴場 一般汚水に同じ 一般汚水に同じ 一般汚水として算定した額の2分の1
臨時汚水

1立方メートルにつき

216円

 水道料金と下水道使用料をあわせた早見表につきましては、下記PDFファイルをご覧ください。

使用料の算出方法

(1)水道水使用の場合

水道水の使用水量が汚水水量になります。

(2)井戸水を家事用に使用の場合

 動力式ポンプ使用の場合、1世帯1人を2か月20立方メートルとし、1人増すごとに2か月8立方メートルを加算します。手動式ポンプ使用の場合は、動力式の算定水量の2分の1となります。

(3)水道水と井戸水を家事用に併用の場合

水道水の使用量に(2)で算定する水量の2分の1を加えた水量となります。

使用料の減免

 下水道使用料の算定の対象となる排出汚水量は、条例により使用水量(水道水、井戸水など)に基づいて算出しています。しかし、工場・事業所等で使用する水量が、排出汚水量と著しく異なる場合は、使用者からの申告により減量(増量)することができます。

支払方法

 水道料金と同様に2か月ごとに計算し、年6回で、口座振替か納付書により納めていただきます。

Adobe Readerのダウンロード

Adobe Readerのダウンロード PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Readerが必要です。

お問い合わせ

下水道課
刈谷市東陽町1丁目1番地
電話:0566-62-1029 FAX:0566-23-2087

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

刈谷市役所

〒448-8501 愛知県刈谷市東陽町1丁目1番地
電話番号:0566-23-1111(代表)
開庁時間:月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜日・日曜日、祝日及び年末年始は休み)
Copyright © 2012 Kariya City,Aichi,Japan. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る