このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
刈谷市 人が輝く安心快適な産業文化都市
トップページに戻る
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual
サイトメニューここまで

本文ここから

老人ホーム等の施設への入所について

更新日:2017年4月1日

○老人ホーム等の施設への入所について
施設 内容 対象者 問合せ
養護老人ホーム

環境上の理由及び経済的な理由により、居宅で生活することが困難な人が入所できる施設です。

  • 入所者等負担:入所者本人と扶養義務者(配偶者又は子)の収入に応じて費用を負担。

次の要件をすべて満たす人

  1. 原則として65歳以上の人
    (60歳以上の人でも事情によっては入所できます。)
  2. 身体が弱くなったり家庭の事情などにより自宅で生活することが困難な人
  3. 本人の属している世帯(血縁関係のない場合も含む。)が生活保護を受けているか、本人及び本人の生計を維持している者の市町村民税所得割が非課税であること
  4. 入院治療の必要がないこと
  5. 感染性疾患を有していないこと
    (他の入所者に感染するおそれがない場合は例外とする。)
長寿課
0566-62-1063
生活支援ハウス

高齢などのため居宅で生活することに不安のある人が、一時的に生活する施設です。

  • 利用者負担:収入に応じて利用料を負担。(0円から50,000円)
  1. 光熱水費は実費。
  2. 基本的には自炊ですが、希望により食事の提供を実費で受けることができます。
  • 利用期間:3か月以内を基本とし、最長6か月

次のいずれかに該当する市内在住の60歳以上の人

  1. ひとり暮らし又は高齢者のみの世帯に属する人
  2. 家族の援助を受けることが困難な人

こんなときにご利用ください。

  1. 病院、老人保健施設などから退院などにより居宅に戻る際に、炊事・洗濯といった日常生活の訓練や居宅サービスの利用方法を学ぶなど、通常の自立した生活に慣れるまでの間の一時的な居住先として
  2. 介護する家族の長期疾病や入院、又は長期出張の場合の一時的な居住先として
  3. 要援護者用に住宅改修を行う場合の一時的な居住先として
  4. 火災などにより緊急避難先が必要な場合の一時的な居住先として
長寿課
0566-62-1063
施設 内容 問合せ・申込み先
介護老人福祉施設
(特別養護老人ホーム)

常時介護を必要とする、ねたきりや認知症の高齢者を対象にした入所施設です。

施設に直接申し込みます。
(要介護の認定が必要です。)
介護老人保健施設
(老人保健施設)
在宅復帰を目指して、リハビリテーション・看護サービスを受けながら、生活全般の介護を受ける施設です。 施設に直接申し込みます。
(要介護の認定が必要です。)
介護療養型医療施設
(療養型病床群)
急性期の治療が済んだ人の長期療養施設です。 施設に直接申し込みます。
(要介護の認定が必要です。)
軽費老人ホーム
(ケアハウス)

家庭環境や住宅事情により居宅で生活することが困難な60歳以上の人を対象にした入所施設です。

  • 所得に応じた費用負担があります。
  • 「特定施設入居者生活介護」の指定を受けていると、必要な介護を介護保険で受けることができます。
施設に直接申し込みます。
有料老人ホーム

入浴、排せつ、食事の介護、食事の提供その他日常生活上のサービスを提供する入所施設です。

  • 介護付き、住宅型などの種類があり、費用負担も様々です。
  • 「特定施設入居者生活介護」の指定を受けていると、必要な介護を介護保険で受けることができます。
施設に直接申し込みます。

お問い合わせ

長寿課
刈谷市東陽町1丁目1番地
電話:0566-62-1063(管理係・高齢福祉係)0566-62-1013(介護保険企画係・介護認定給付係) FAX:0566-24-2466

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

刈谷市役所

〒448-8501 愛知県刈谷市東陽町1丁目1番地
電話番号:0566-23-1111(代表)
開庁時間:月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜日・日曜日、祝日及び年末年始は休み)
Copyright © 2012 Kariya City,Aichi,Japan. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る