このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
刈谷市 人が輝く安心快適な産業文化都市
トップページに戻る
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual
サイトメニューここまで

本文ここから

被災地救援等のために使用する車両の取り扱いについて(被災地:福岡県、大分県)

更新日:2017年9月28日

対象期間が、平成29年12月31日(日曜)までに延長されました。

被災都道府県(福岡県、大分県)からの要請に基づき「災害派遣等従事車両証明書」を発行しています。
被災地での復旧・復興にあたるための物資、人材等を輸送するための車両で、この「災害派遣等従事車両証明書」を提示することで、高速道路等料金の無料措置を受けられます。

対象車両

  1. 自治体からの要請により、被災者の避難所又は被災した県市町村の災害対策本部(物資集積所を含む)への救援物資等を輸送するための車両
  2. 自治体からの要請により、被災地の復旧・復興にあたるための物資、人員等を輸送するための車両
  3. 自治体が災害救援のために使用する車両
  4. 災害ボランティア活動であって、被災した自治体等が要請・受入承諾したものに使用する車両

(平成29年10月1日以降、大分県内へのボランティア活動については、1.と2.の項目は対象外になります。)

適用期間

平成29年12月31日(日曜)まで

対象の有料道路

以下の道路管理会社が管理する道路

  • 西日本高速道路株式会社
  • 阪神高速道路株式会社
  • 本州四国連絡高速道路株式会社
  • 中日本高速道路株式会社
  • 東日本高速道路株式会社
  • 首都高速道路株式会社
  • 佐賀県道路公社
  • 福岡北九州高速道路公社
  • 福岡県道路公社
  • 北九州市道路公社
  • 名古屋高速道路公社、愛知県道路公社など、各地方道路公社

申請方法

ボランティアの場合

  1. 「災害派遣等従事車両証明書に係る災害ボランティア証明書」を、被災地の災害ボランティアセンターや、社会福祉協議会に、直接持参またはファックスで提出し、ボランティア受入れの証明を受けてください。ボランティアの受入れ等についてはこちらをご参照ください。
  2. ボランティア受入れの受理結果が記された「災害派遣等従事車両証明書に係る災害ボランティア証明書」添付して、「災害派遣等従事車両証明の申請書」を最寄りの各都道府県庁または各市町村へ提出し、「災害派遣等従事車両証明書」を必要枚数受け取ってください。

ボランティア以外の場合

自治体等から要請を受けた内容がわかるものを添付し、「災害派遣等従事車両証明の申請書」を最寄の各都道府県庁、または各市町村へ提出し、「災害派遣等従事車両証明書」を必要枚数受け取ってください。

その他

  • 証明書は、精算する料金所ごとに、車両1台ごとに1枚必要です。
  • 出入口とも一般の料金所を利用し、入口では通行券を受け取り、出口では料金所で証明書と通行券を提出してください(ETCレーン及びスマートICの利用はできません)。
  • 証明書の発行手続きには、日数を要することがあるため、余裕をもって申請してください。
  • 証明書交付後に、利用予定の高速道路のルートや日にちを変更する場合は、証明書の変更手続きが必要となるため、確定したスケジュールで交付申請してください。

ダウンロード

福岡県内で活動する方

大分県内で活動する方

Adobe Readerのダウンロード

Adobe Readerのダウンロード PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Readerが必要です。

お問い合わせ

危機管理課
刈谷市東陽町1丁目1番地
電話:0566-62-1190 FAX:0566-27-9652

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

平成29年九州北部豪雨における刈谷市の対応について

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。

刈谷市役所

〒448-8501 愛知県刈谷市東陽町1丁目1番地
電話番号:0566-23-1111(代表)
開庁時間:月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜日・日曜日、祝日及び年末年始は休み)
Copyright © 2012 Kariya City,Aichi,Japan. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る