このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
刈谷市 人が輝く安心快適な産業文化都市
トップページに戻る
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual
サイトメニューここまで

本文ここから

家庭における防災グッズ

更新日:2013年12月12日

■家庭で用意しておきたい災害時の準備品リスト

大規模な地震災害が発生してライフラインが止まった場合、公的な支援が行き渡るまでに家族の生命、健康を維持するためにどのようなものを準備しておけばよいのでしょうか。

(1)飲料水

1人1日3リットルを目安に用意するとよいです。

(家族3人で2リットルペットボトル12本~18本用意:飲用いんようのみで3~4日分)

(2)非常食

保存期間の長い、加熱しないでも食べられる食品。インスタント食品、クッキー、缶詰など日頃から食しているものをストックし、古いものから消費しょうひし、補充ほじゅうしていけば良い(ローリング・ストック)。

(3)医薬品いやくひん

常備薬じょうびやく三角巾さんかくきん包帯ほうたい、ガーゼ、ばんそうこう、はさみ、消毒薬しょうどくやく、持病のある方はその病気のための薬
小児、高齢者のいる家庭はそれぞれに応じて用意

(4)衣類いるいなど

衣類いるい防寒具ぼうかんぐ毛布もうふ、下着類、靴下くつした軍手ぐんて雨具あまぐ、カイロ
※季節にそくしたものを用意しましょう。

(5)停電時用品

懐中電灯かいちゅうでんとう、ろうそく、ライター、携帯ラジオ、予備の電池

(6)避難所持参用グッズ

着替え、毛布もうふ布団ふとん、タオル、ティッシュ、ウエットティッシュ、ビニール袋、生理用品、筆記具(油性)、食器類

(7)緊急の避難、救助用品

ホイッスル、コンパス、ナイフ、ロープ、懐中電灯かいちゅうでんとう、シャベル、バール、ノコギリ、ハンマー等の工具

(8)貴重品きちょうひん

現金(硬貨こうか)、身分証明書、預貯金通帳、印鑑いんかん、権利書、各種カード、保険証等

(9)役に立つ日用品

燃料、卓上コンロ、ガスボンベ、固形燃料、調理用具、寝袋、洗面用具、トイレットペーパー、古新聞紙、バケツ、ラップ、ビニールシート、断水に備えて携帯用トイレ・簡易トイレ(マンション住民は必須)、紙袋、ビニール袋、布袋(所持品整理用)

布粘着ぬのねんちゃくテープ(油性マジックを使ってメモに使用したり、ガラスの破片はへんを取るときに利用できる)、ラップ(水不足の時に食器に使用、保存など多用途に使える)、梱包用こんぽうようひも、風呂敷ふろしき、ダンボール

(10)非常持ち出し袋

飲料水、非常食、医薬品、食器、衣類いるい懐中電灯かいちゅうでんとう、携帯ラジオ、電池、現金(10円硬貨)、貴重品きちょうひん、ローソク・マッチ・ライター、ロープ・ビニールシート・雨具、ナイフ、ハサミ、タオル(大小)、洗面道具(旅行用で可)ウェットティッシュ、ビニール袋、携帯電話用バッテリー、コンパス、筆記具

(11)災害時にあると便利なもの

裁縫さいほうセット、ランプ、ランタン、ヘッドライト、カイロ、サバイバルシート、ポリタンク、キャスター付き旅行バッグ、台車、自転車、キャンプ用品一式

(12)避難所においてあれば快適に過ごせるもの

耳栓みみせん、アイ・マスク、携帯マクラ

■防災グッズを紹介している関連サイトのリンク(特定の事業者をお奨めするものではありません)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。静岡県防災用品普及促進協議会

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。防災安全協会

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。東京防災救急協会

お問い合わせ

危機管理課
刈谷市東陽町1丁目1番地
電話:0566-62-1190 FAX:0566-27-9652

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

安全・安心のお知らせ

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。

刈谷市役所

〒448-8501 愛知県刈谷市東陽町1丁目1番地
電話番号:0566-23-1111(代表)
開庁時間:月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜日・日曜日、祝日及び年末年始は休み)
Copyright © 2012 Kariya City,Aichi,Japan. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る