このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
刈谷市 人が輝く安心快適な産業文化都市
トップページに戻る
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual
サイトメニューここまで

本文ここから

新たに1件の文化財を指定しました

更新日:2018年7月27日

平成30年7月27日、新たに1件の文化財を刈谷市指定文化財に指定しました。
今回の指定により、刈谷市内の指定文化財は国指定1件、県指定11件、市指定82件の計94件となりました。

静観堂屏風(せいかんどうびょうぶ)

種別

有形文化財・書跡

所有者

金勝寺(高津波町)

内容

松本奎堂けいどうが名古屋石町こくちょうに開いた塾の筋向かいにあった静観堂の主人三輪伊六いさくの頼みを受けて、屏風1双に文を書き添えたものです。時期は文久ぶんきゅう元年(1861)10月初旬で、松本奎堂はその後、直ちに上京したといわれています。

静観堂屏風(右隻)
静観堂屏風(右隻)

松本奎堂は文久元年3月に黄檗おうばく宗の僧侶である独立どくりゅう性易しょうえきの書から大きな影響を受け、以後の書体が独立風に変化したとされています。当該資料は、松本奎堂の書したものの中で最も長文であり、その教養の高さがうかがわれるとともに、書体の変化がみてとれる最初期の書として非常に貴重なものです。

静観堂屏風(左隻)
静観堂屏風(左隻)

刈谷市の文化財一覧

お問い合わせ

文化観光課
電話:0566-62-1037 FAX:0566-27-9652

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

刈谷市役所

〒448-8501 愛知県刈谷市東陽町1丁目1番地
電話番号:0566-23-1111(代表)
開庁時間:月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜日・日曜日、祝日及び年末年始は休み)
Copyright © 2012 Kariya City,Aichi,Japan. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る