このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
刈谷市 人が輝く安心快適な産業文化都市
トップページに戻る
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual
サイトメニューここまで

本文ここから

宍戸弥四郎

更新日:2016年4月1日

天誅組の合図係

 宍戸弥四郎ししどやしろうは、天保4年(1833)1月14日刈谷藩士宍戸昌寿の6男として生まれました。諱は昌明、字は子精、通称弥四郎といいました。弥四郎は嘉永6年(1853)藩主に召されて江戸藩邸へ出仕しました。そこで幕士窪田清音に師事し、山鹿流の兵法を修めています。安政3年(1856)刈谷へ帰り、同6年に感ずる所があり致仕(役職をやめて隠居すること)しています。以後関東各地を歴遊し、文久2年(1862)深石数馬の塾頭にもなっています。同3年父の危篤の報を聞くや、江戸より徒歩3日間にして刈谷に着きますが、父の死には間に合いませんでした。しかし、人々は弥四郎の親を思う気持ちに痛く感動したと伝えられています。天誅組のなかでは合図係を務めたほか、最後には決死隊の副隊長も務めました。

 現在、弥四郎の生誕地である広小路5丁目には記念碑が建てられ、墓は銀座4丁目の松秀寺にあります

宍戸弥四郎関連史跡

宍戸弥四郎生誕の地(広小路5丁目)
宍戸弥四郎の生誕地には現在、碑が建てられています。
松秀寺(銀座4丁目)
曹洞宗のお寺で、釈迦牟尼仏を本尊とします。境内には、宍戸弥四郎の墓があります。

刈谷偉人伝その1 幕末をかけぬけた刈谷の志士たち~維新の魁 天誅組~

【you tube】刈谷偉人伝その1 幕末をかけぬけた刈谷の志士たち~維新の魁 天誅組~ ダイジェスト版

天誅組に関して、市教育委員会では、刈谷の歴史啓発及び小中学校の歴史教材として『刈谷偉人伝その1 幕末をかけぬけた刈谷の志士たち~維新の魁 天誅組~』を作成しています。郷土の偉人をアニメで大変わかりやすく紹介しています。(2010年製作)
 本編は文化振興課で1,000円で販売しています。
※刈谷偉人伝についての問合せは、文化振興課文化財係へ。

お問い合わせ

文化観光課
電話:0566-62-1037 FAX:0566-27-9652

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。

刈谷市役所

〒448-8501 愛知県刈谷市東陽町1丁目1番地
電話番号:0566-23-1111(代表)
開庁時間:月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜日・日曜日、祝日及び年末年始は休み)
Copyright © 2012 Kariya City,Aichi,Japan. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る