このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
刈谷市 人が輝く安心快適な産業文化都市
トップページに戻る
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual
サイトメニューここまで

本文ここから

刈谷西部の縄文遺跡 【県指定史跡】

更新日:2016年4月1日

芋川遺跡(一ツ木町)

 縄文時代中期から奈良時代にかけての複合遺跡。縄文時代の土壙墓からは、仰臥屈葬による女性の人骨が発見されました。平成12年度に芋川公園として整備・保存されました。

一ツ木町7-33-7

八ツ崎貝塚(小山町)

逢妻川左岸にある市内最古の貝塚で、縄文時代早期後半のものとされています。発掘調査では縄文時代中期から古墳・奈良・平安時代にわたる土器や石器、骨角器なども出土しました。八ツ崎公園内に保存されています。

小山町5-2

天子神社貝塚(小山町)

 縄文時代後・晩期の貝塚で、天子神社境内を中心に広がっています。ハイガイ、マガキ、アカニシなどの貝や獣骨のほか、埋葬人骨5体、土器、石器、骨角器なども出土しました。

小山町6-70他

山の神遺跡(山池町)

 縄文時代中期の遺跡で、昭和29年刈谷東中学校の校庭において堅穴住居跡が発見されました。住居跡は、中央に炉跡をもつ一辺が4m余りの隅丸方形で、土器、打製石斧、無茎石鏃、石錘などが出土しました。

山池町1-201

本刈谷遺跡(天王町)

 縄文時代晩期の貝塚で、本刈谷神社境内を中心に広がっています。ハイガイを主とした貝塚で、10数体の埋葬人骨、シカやイノシシの骨などが発見されました。また、出土した土器のうち、やや厚くした口の部分に押引文・平行線文・波状文などの文様をつける土器は、縄文晩期前葉の西三河地方の土器の指標となるもので、「元刈谷式土器」といわれています。

天王町4-2他

お問い合わせ

文化観光課
電話:0566-62-1037 FAX:0566-27-9652

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

刈谷市役所

〒448-8501 愛知県刈谷市東陽町1丁目1番地
電話番号:0566-23-1111(代表)
開庁時間:月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜日・日曜日、祝日及び年末年始は休み)
Copyright © 2012 Kariya City,Aichi,Japan. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る