このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
刈谷市 人が輝く安心快適な産業文化都市
トップページに戻る
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual
サイトメニューここまで

本文ここから

野田雨乞笠おどり 【市指定無形民俗文化財】

更新日:2012年12月21日

(市指定無形民俗文化財)

 野田八幡宮で毎年8月下旬に行われる"雨乞い"を今に伝える行事です。雨乞いの儀式として神前にお神酒とお灯明を供え、二人一組の踊り手が雨乞い唄と采配に合わせて太鼓を打ちながら踊ります。太鼓は所定の位置に据えられ、唄い手と采配人は10名前後、踊り手は太鼓を中に向かい合い、浴衣に赤いたすき、一文字笠の姿で、両手に桐の木で作った"つつろ"と呼ばれる短いバチを持って踊ります。また、吹き鳴らされるホラ貝に合わせて踊り手が見せる所作にも趣があります。

お問い合わせ

文化観光課
電話:0566-62-1037 FAX:0566-27-9652

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

刈谷市役所

〒448-8501 愛知県刈谷市東陽町1丁目1番地
電話番号:0566-23-1111(代表)
開庁時間:月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜日・日曜日、祝日及び年末年始は休み)
Copyright © 2012 Kariya City,Aichi,Japan. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る