このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
刈谷市 人が輝く安心快適な産業文化都市
トップページに戻る
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual
サイトメニューここまで

本文ここから

平成30年度後期 市民大学講座

更新日:2018年11月13日

今こそ知りたい 刈谷の歴史

31年3月24日(日)の刈谷市歴史博物館オープンを記念して、「刈谷の歴史」にスポットを当てた講演会を開催します。第1回では戦国時代~江戸時代の刈谷について、第2回では刈谷市の産業の歴史をそれぞれの視点からひもときます。

開催日・講師紹介

第1回 磯田 道史「徳川家の天下取りと刈谷」

日時:平成31年1月21日(月曜) 18時30分開演 (18時開場) 
講師:磯田 道史(国際日本文化研究センター準教授)
 慶應義塾大学大学院卒。茨城大学助教授、静岡文化芸術大学教授などを経て、現在、国際日本文化研究センター准教授。著書に「武士の家計簿」(新潮新書、新潮ドキュメント賞受賞、2010年映画化)、「江戸の備忘録」(文春文庫)、「歴史の愉しみ方」(中公新書)、「素顔の西郷隆盛」(新潮新書)など多数。「無私の日本人」(文春文庫)の一編「穀田屋十三郎」が2016年「殿、利息でござる!」として映画化された。

第2回 金谷 俊一郎「日本の自動車産業の発展は刈谷が創った~『ものづくり刈谷』の底力~」

日時:平成31年1月24日(木曜) 18時30分開演 (18時開場)
講師:金谷 俊一郎(歴史コメンテーター)
 歴史コメンテーターとして、誰にでも分かりやすく日本の歴史・文化や地域の魅力を伝える活動を行っており、全国での講演会やテレビ・ラジオに多数出演。25年以上、東進ハイスクールの日本史科トップ講師も務める。著書は学習参考書から一般書まで多数あり、「学習まんが少年少女日本の歴史」(小学館)の最新刊の解説も担当している。主なテレビ出演は「世界一受けたい授業」(日本テレビ) 、「クギズケ!」 (読売テレビ・中京テレビ)など。

会場・定員

会場:総合文化センター 大ホール
定員:各回1,500人

・未就学児の方は入場できません。

・手話通訳、パソコン要約筆記を実施します。(申込不要)

受講料

両日合わせて1,000円(全席自由)

チケット発売

【一般発売】
11月24日(土)10時~
刈谷市総合文化センター窓口 10時~21時(電話受付不可)
刈谷市総合文化センターHP(ネット会員登録必要・無料)
アピタ刈谷店サービスカウンター
刈谷駅前観光案内所
チケットぴあ 電話:0570-02-9999 【Pコード991-980】
ローソンチケット 電話:0570-084-004【Lコード45335】
チケットぴあスポット、セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソン、ミニストップ

○未就学児入場不可
○第1回目にご来場の際、入場口で第2回受講券と引き換えます。
※第1回を欠席の方は、第2回の時にチケットをご持参ください。
○1回のみの受講でも返金はございません。
○受講券の払い戻しはできません。
○チケット購入時に別途、手数料が必要になる場合があります。

講演についてのお問い合わせ

総合文化センター 0566-21-7430(9:00~22:00)

お問い合わせ

生涯学習課
刈谷市東陽町1丁目1番地
電話:0566-62-1036 FAX:0566-25-1006

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

刈谷市役所

〒448-8501 愛知県刈谷市東陽町1丁目1番地
電話番号:0566-23-1111(代表)
開庁時間:月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜日・日曜日、祝日及び年末年始は休み)
Copyright © 2012 Kariya City,Aichi,Japan. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る