このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
刈谷市 人が輝く安心快適な産業文化都市
トップページに戻る
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual
サイトメニューここまで

本文ここから

支払った医療費で税金が安くなると聞きましたが、どうすればよいですか。

更新日:2012年12月21日

 所得税の確定申告で医療費控除として申告していただくことにより、所得税及び市県民税の計算において医療費の一部が所得から差し引かれ、結果として税額が少なくなります。確定申告の際には、医療機関の領収書が必要となりますので大切に保管しておいてください。
 なお、医療費控除の対象となる医療費の要件は、次の2つです。

(1)納税者が自分自身または生計を一にする配偶者その他の親族のために支払った医療費であること。
(2)その年の1月1日から12月31日までに支払った医療費であること。

○医療費控除の対象となる金額は、次の式で計算した金額(最高200万円)です。

(医療費控除額)=(その年中に支払った医療費)-(保険金などで補てんされる金額)-(10万円または総所得金額等の5パーセントのいずれか少ない額)

 医療費控除については、所得税の確定申告をしていただくことで適用されます。医療費を多く支払った年の翌年の2月16日から3月15日までの間に、お住まいの管轄税務署で申告をしていただくことになります。

お問い合わせ

税務課
刈谷市東陽町1丁目1番地
電話:0566-62-1205(税制係・市民税係)0566-62-1008(土地係・家屋係) FAX:0566-62-1203

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

市県民税

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。

刈谷市役所

〒448-8501 愛知県刈谷市東陽町1丁目1番地
電話番号:0566-23-1111(代表)
開庁時間:月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜日・日曜日、祝日及び年末年始は休み)
Copyright © 2012 Kariya City,Aichi,Japan. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る