このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
刈谷市 人が輝く安心快適な産業文化都市
トップページに戻る
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual
サイトメニューここまで

本文ここから

市税に関する証明にはどのようなものがありますか。また、その証明内容を教えてください。

更新日:2017年5月18日

 市税に関する主な証明書とその内容は次のとおりです。

【所得に関する証明】

○所得・課税証明書
 1月1日から12月31日までの1年間の所得(収入)の金額と、その所得額を基礎に算定した市県民税(住民税)の課税額を証明します。市県民税は前年の所得額に対して課税しますので、平成29年度の証明書には「平成29年度の市県民税課税額」と「平成28年中の所得額」が表示されます。

【納税に関する証明】

○納税証明書
 市県民税や固定資産税などの刈谷市で課税された税金について、納付すべき税額、証明日時点で納付してある税額及び未納税額を証明します。
○車検用納税証明書
 軽自動車税の滞納がないことの証明で、軽四などの車検を受ける際に必要な証明書です。
○完納証明書
 証明日現在において、刈谷市で課税された税について、滞納が一切ないことを証明します。この証明書も納税証明書の一種ですが、税目や税額が表示されない点で通常の納税証明書と異なります。

【固定資産に関する証明書】

○評価証明書
 1月1日現在で固定資産課税台帳に登録されている固定資産の評価額を証明します。評価額のほか、地積(床面積)などが記載されます。(固定資産税・都市計画税の税額は記載されません。)
○公課証明書
 上記の評価証明書の証明事項に加えて、固定資産税・都市計画税の税額が記載されます。
○土地物件証明書
 1月1日現在の固定資産課税台帳に登録されていることの証明で、地番、地目及び地積が記載されます。一般的に車庫証明の際に利用します。
○家屋物件証明書
 1月1日現在の固定資産課税台帳に登録されていることの証明で、用途、構造、建築年次などが記載されます。
○名寄帳の写し
 1月1日現在の固定資産課税台帳に登録されている土地・家屋を所有者ごとに一覧表にしているものです。地積(床面積)、評価額、固定資産税・都市計画税の税額が記載されます。

 証明書を請求される場合は、「証明書の種類」、「証明する年度」、「必要な通数」、「証明書の使用目的」を証明書の提出先にご確認のうえ、お越しください。また、必要なものなどについては、このページ下部の関連リンク「市税に関する証明書の取得方法」をご覧ください。

関連リンク

市税に関する証明書の取得方法

お問い合わせ

税務課
刈谷市東陽町1丁目1番地
電話:0566-62-1205(税制係・市民税係)0566-62-1008(土地係・家屋係) FAX:0566-62-1203

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

税証明

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。

刈谷市役所

〒448-8501 愛知県刈谷市東陽町1丁目1番地
電話番号:0566-23-1111(代表)
開庁時間:月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜日・日曜日、祝日及び年末年始は休み)
Copyright © 2012 Kariya City,Aichi,Japan. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る