このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
刈谷市 人が輝く安心快適な産業文化都市
トップページに戻る
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual
サイトメニューここまで

本文ここから

小中学校における環境教育はどのようになっていますか。

更新日:2012年12月21日

環境教育の一環として、すべての小中学校において、不燃物、可燃物、リサイクルペーパーの分別収集に取り組んでいます。とりわけ、ペットボトルのキャップ回収については、市内全小中学校の児童会、生徒会活動を中心に熱心に取り組み、その回収量は、県内で最初に1000万個を超え、今なお熱心な回収活動が継続されています。

小学校4年生の社会科の授業では、不燃物埋立場(泉田町)またはクリーンセンター(半城土町)への見学をカリキュラムに位置づけ、学習を深めています。また、給食についてもできるだけ残菜を出さない指導に力を注ぎ、保健、社会の授業などで環境に関する指導項目を設定し、環境問題の学習を行っています。

総合的な学習の時間でも、学区の川や森を教材として学習を行っています。自然と触れ合ったり、地域の自然を生かした体験をする中で、川や森の再生や活用、保全などの環境学習に取り組んでいます。

お問い合わせ

学校教育課
刈谷市東陽町1丁目1番地
電話:0566-62-1035 FAX:0566-25-1006

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。

刈谷市役所

〒448-8501 愛知県刈谷市東陽町1丁目1番地
電話番号:0566-23-1111(代表)
開庁時間:月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜日・日曜日、祝日及び年末年始は休み)
Copyright © 2012 Kariya City,Aichi,Japan. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る