このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
刈谷市 人が輝く安心快適な産業文化都市
トップページに戻る
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual
サイトメニューここまで

本文ここから

会社員で厚生年金に加入していた夫が退職したので、国民年金に加入する手続を教えてください。また、妻の私(夫に扶養されていました)も手続が必要ですか。

更新日:2012年12月21日

20歳以上60歳未満の方が会社や役所などを退職して、厚生年金(共済年金)の加入者でなくなった場合には、国民年金の「第2号被保険者」から「第1号被保険者」となりますので、国保年金課国民年金係で資格取得の手続をしていただきます。
 また、退職した方に扶養されていた20歳以上60歳未満の配偶者がいらっしゃれば、その方も国民年金の「第3号被保険者」から「第1号被保険者」となりますので、国保年金課国民年金係にて資格取得の手続をしていただきます。
<手続に必要なもの>
 ・年金手帳または基礎年金番号の通知書 
 ・印鑑  
 ・退職年月日のわかる書類(離職票、雇用保険受給資格者証、退職証明書など。コピーでも結構です)
 ※代理人の場合は、代理人の身分が分かるもの(運転免許証、パスポート、健康保険証など)が必要です。
 

お問い合わせ

国保年金課
刈谷市東陽町1丁目1番地
電話:0566-62-1011(国民年金係) 0566-62-1206(国保賦課・給付係) 0566-62-1207(医療係) FAX:0566-24-2466

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

加入・納付

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。

刈谷市役所

〒448-8501 愛知県刈谷市東陽町1丁目1番地
電話番号:0566-23-1111(代表)
開庁時間:月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜日・日曜日、祝日及び年末年始は休み)
Copyright © 2012 Kariya City,Aichi,Japan. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る