このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
刈谷市 人が輝く安心快適な産業文化都市
トップページに戻る
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual
サイトメニューここまで

本文ここから

ブックスタート

更新日:2016年4月20日

ブックスタートとは

すべての赤ちゃんのまわりで楽しくあたたかいひとときが持たれることを願い、一人ひとりの赤ちゃんに絵本を開く楽しい体験といっしょに、絵本を手渡す活動です。
1992年に英国で始まり、日本では2000年に紹介され、同年11月の試験実施を経て、2001年に世界で2番目にブックスタートが開始されています。
活動の目的は早期教育ではなく、絵本を通じて赤ちゃんとおとながゆったりとしたふれあいの時間をもつことを応援しています。

刈谷市では

特定非営利活動法人ブックスタートが選定した「赤ちゃん絵本20冊」から3冊を選定し、保健センターで実施する4か月児健康診査時に、選定された本3冊の中からお好きな1冊と絵本情報誌を配布しています。
刈谷市のブックスタート事業についてはこちら

選定された本3冊

タイトル 著者 出版社 内容
いないいないばあ 松谷みよ子 童心社 いない、いない、ばあ。にゃあにゃが、くまちゃんが、ほらね、いない、いない…。発売から40年以上愛されている、赤ちゃんと家族にぴったりの1冊。
だるまさんが かがくいひろし ブロンズ新社 とびきりゆかいなだるまさんのファーストブック。だ・る・ま・さ・ん・が…。どうなるのかな。ページをめくって、あらら、びっくり、大笑い。色々なだるまさんの姿に、何度でも楽しめる1冊。シリーズは全3冊「だるまさんと」「だるまさんの」。
ぴょーん まつおかたつひで ポプラ社 かえるがぴょーん、猫がぴょーん、犬がぴょーん!色々な生き物の飛び跳ねる姿がいっぱい。子どもたちも思わず飛び跳ねてしまう、みんなで楽しさを共有できる人気絵本。

図書館では

おはなしひろば

中央図書館では、赤ちゃん向けのおはなし会「おはなしひろば」を、第2または第3木曜日に開催しています。
おはなしひろばは赤ちゃんと保護者が一緒に楽しめる、入園前の幼児のためのおはなし会です。
赤ちゃん絵本の読み聞かせやエプロンシアター・パネルシアター、手遊びやおりがみ遊びなど楽しんでいただけます。
毎月の日程は、行事案内または市民だより1日号をご覧ください。

ブックスタートコーナー

図書館ではブックスタートコーナーがあり、刈谷市で選定した3冊以外のブックスタート絵本や乳幼児絵本を貸出することができます。

  • 図書館ブックスタート配布チラシ

おはなしコーナー

おはなしひろばなど、おはなし会を行うおはなしコーナーです。
空いている場合は、乳幼児と保護者で絵本を楽しむことができるスペースとして解放しています。
使用される場合は、カウンターまでお声かけください。電気をつけさせていただきます。
利用の際は土足厳禁、中で騒ぐと声が響きますので静かに使うご協力をお願いします。

その他

  • 授乳スペース提供やおむつ交換(多目的トイレ内)、館内で利用できるベビーカー(中央図書館1台)もあります。カウンターの職員にお声かけください。
  • 貸出用の袋の用意はありませんので、トートバック等をお持ちになると便利です。
  • 赤ちゃんの貸出券も作ることができます、詳細は利用案内をご覧ください。
  • 役に立つ育児・離乳食の本、雑誌もあります。

ぜひ、赤ちゃんと一緒にご来館ください。

赤ちゃんの絵本の楽しみ方

「0歳の赤ちゃん」といっても発達段階には大きな違いがあります。
それぞれの月齢の赤ちゃんと絵本を開くとどのような時間が過ごせるのでしょうか。

0から3か月児

絵本を開くと、絵を見つめたり、リズムのある言葉に耳を傾けたり、読み手の口元や目をじっと見つめたりしています。最初は分かりにくいかもしれませんが、この時期の赤ちゃんなりの反応に気づき、ひとつひとつ語りかけながらそれに応える楽しさがあります。

4から6か月児

赤ちゃんは「大人には分からない」おしゃべりを盛んに始めます。絵本を読んでもニコニコしながら「アーウー」と声を出して笑うようになります。そんなときは読み手からも赤ちゃんの反応にあわせて「そうね、楽しいね」などと語りかけると赤ちゃんもとても喜びます。またこのころから、見たり聞いたりしただけで意味を思い出す「意味記憶」ができるようになります。いないいないばああそびを喜ぶことも多いようです。

7から9か月児

絵本に興味を持つようになり、つかんでなめたり、落としてみたり、ページをめくったりします。絵本を読みながら、「バイバイ。みんないなくなっちゃったね」などと声をかけてみると、「バイバイ」と手を振るようになるのもこの時期です。また、知っている人と知らない人の区別がつくようになると「人見知り」をする赤ちゃんもいます。

10から12か月児

絵本を開くと、描かれているものが理解できて指差しをするようになります。赤ちゃんは次第に一緒にいる大人も自分と同じものを見ていることに気づき、指差したものを見ながら大人の顔もうかがうようになります。こうして1対1の関係から、対象物を介して視線や意識を共有する「三角関係」を築きます。読み手が「ワンワンがいるね。」と声をかけると、「アー」「ウー」と、「ワンワンだね」と赤ちゃんなりの言葉でおしゃべりをします。赤ちゃんの気持ちを汲み取りながら、ページをめくっていくことで楽しさも広がります。

「ブックスタートハンドブック 実施編」より抜粋

Adobe Readerのダウンロード

Adobe Readerのダウンロード PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Readerが必要です。

お問い合わせ

中央図書館
刈谷市住吉町4-1
電話:0566-25-6000 FAX:0566-26-0510

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

刈谷市役所

〒448-8501 愛知県刈谷市東陽町1丁目1番地
電話番号:0566-23-1111(代表)
開庁時間:月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜日・日曜日、祝日及び年末年始は休み)
Copyright © 2012 Kariya City,Aichi,Japan. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る