このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
刈谷市 人が輝く安心快適な産業文化都市
トップページに戻る
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual
サイトメニューここまで

本文ここから

会誌「かりや」索引一覧

更新日:2017年5月3日

刈谷市郷土文化研究会 会誌『かりや』 創刊号からの掲載論文索引一覧

会誌「かりや」は一般へも頒布しています。
定価:一部につき1,500円(最新号《第37号》)、一部につき1,000円(その他の号)

直接お求めの場合

刈谷市中央図書館2階事務室までお越しください。

郵送・FAXの場合

  1. 申請書として住所・氏名・電話番号・会誌「かりや」の必要号数と必要部数を記載したものを送付してください。
  2. 下記の口座に会誌「かりや」の代金一部につき1,000円(最新号は一部につき1,500円)をお振込みください。振込みの際は、氏名の入力をお願いいたします。
  3. 入金が確認できましたら、会誌「かりや」を送付させていただきます。送料は、会誌の重さにより変わる可能性があるため着払いとさせていただいております。ご了承ください。

※振込み手数料、会誌郵送料はお客様のご負担とさせていただきます。

申請書送付先

〒448-0852
愛知県刈谷市住吉町四丁目1番地
刈谷市中央図書館内刈谷市郷土文化研究会
電話0566-25-6000
FAX0566-26-0510

口座

西尾信用金庫刈谷南支店040
普通口座0057298
「刈谷市郷土文化研究会」

会誌『かりや』発行一覧(タイトルをクリックすると各号の目次へいきます)

各年度の会誌と在庫数(平成29年4月20日現在)

在庫数:多数は、残部50冊以上です。

《創刊号》昭和54年

在庫数:在庫なし

目次

  • ごあいさつにかえて(名誉会長 宮田一松)
  • 発刊に際して(会長 大田一造)
  • [講演]十五世紀の西三河(愛知教育大学教授 新行紀一)
  • [見学会]名古屋市博物館及び徳川美術館の視察見学について(榊原国男)
  • 刈谷-かりやの漢字解説-(萩原克彦)
  • 地名に心ひかれて(深谷広仲)
  • 玩具絵(おもちゃえ)の話-刈谷市立図書館所蔵の民俗版画から-(佐藤峻吉)
  • 『夜明け前』から(加藤もも代)
  • 『嘯月集』について(佐藤つる恵)
  • 仏に魅せられて(正木敦子)
  • 枕返しの塚について(平野小夜子)
  • 俳人秋挙の略歴と『曙庵句集』の翻刻紹介(谷沢靖)
  • 刈谷のいしぶみ巡り(一)宍戸弥四郎生誕地の碑(荻原克彦)
  • 刈谷市のため池の植物と保護(一)(浜島繁隆)
  • 会則・会員名簿・役員

《第2号》昭和55年

在庫数:在庫なし

目次

  • [講演]近世西三河における商品流通の特質-特に塩を中心として-(愛知教育大学教授 吉永昭)
  • 刈谷市内の愛知県指定史跡 山の神遺跡(加藤岩蔵)
  • [見学記]史跡見学記-法蔵寺・本光寺・六所神社(久野あい)
  • 衣浦と小川氏と小川水野(一)(鈴木志偈)
  • 三河国刈谷藩主土井氏系譜(一)(土井雅代 校閲 沢俊一 調査)
  • 秋挙の追善句集『はなのわたり 単』(花済集)(翻刻者 谷沢靖)
  • 本草学について-特に刈谷市立図書館所蔵村上文庫における本草学関係文献の紹介を中心として-(一)(平野大治)
  • 昔 話(佐藤峻吉)
  • 葉鶏頭(森銑三)
  • 仏に魅せられて(二)-稲沢市の仏を巡りて-(正木敦子)
  • 和服礼賛(遠藤千代)
  • 刈谷のいしぶみ巡り(二)大野君碑銘(刈谷市亀城公園内)(萩原克彦 訳注)
  • 小堤西池カキツバタ群落 資料(一)( 杉浦正巳)
  • 昭和五十五年度のあゆみ・会則・会員名簿・役員

《第3号》昭和56年

在庫数:7冊

目次

  • [講演] 三河湾をめぐる考古学(愛知学院大学教授 澄田正一)
  • 刈谷市内の愛知県指定史跡 天子神社貝塚(加藤岩蔵)
  • 三河國刈谷藩主土井氏系譜(二)(土井雅代 校閲 沢俊一 調査)
  • 短歌 亀城周辺(小嶋七郎)
  • 衣浦と小川氏と小川水野(二)(鈴木志偈)
  • 天っ子の森-祭神少彦名命について-(久野あい)
  • 『熊野道者日記』について(神谷太三)
  • 西境村と鷲塚(大浜)騒動(佐藤峻吉)
  • [見学記] 田原町史跡見学記(高山智恵子)
  • 聞き書-明治末年から大正初期まで-(今井ゆき子)
  • 仏に魅せられて(三)-写真集『隠れた仏たち』に寄せて-(正木敦子)
  • 小堤西池カキツバタ群落 資料(二)(杉浦正巳)
  • 刈谷のいしぶみ巡り(三)雅遊翁之碑(刈谷市大悟寺内)(萩原克彦 訳注)
  • 万燈まつりあれこれ-万燈アルバムその一-(神谷太三)
  • 本草学について-特に刈谷市立図書館所蔵村上文庫における本草学関係文献の紹介を中心として-(二)(平野大治)
  • 昭和五十六年度のあゆみ・会則・会員名簿・役員

《第4号》昭和57年

在庫数:10冊

目次

  • [講演] 三河のことば(愛知県立国府高等学校長 永田友市)
  • 三河國刈谷藩士土井氏系譜(三)(土井雅代 校閲 沢俊一 調査)
  • 衣浦と小川氏と小川水野(三)(鈴木志偈)
  • 元禄時代の刈谷地方(杉浦正巳)
  • 明治期小山村の記録(岡本建国)
  • 市原稲荷神社について(小嶋巌)
  • 仏に魅せられて(四)-刈谷におわす仏達-(正木敦子)
  • 小垣江町の神明神社に関する記(平野小夜子)
  • [見学記] 古橋懐古館見学記(近藤千代)
  • 刈谷のいしぶみ巡り(四)刈谷町道元標(荻原克彦)
  • 本草学について-特に刈谷市立図書館所蔵村上文庫における本草学関係文献の紹介を中心として-(三)(平野大治)
  • 貝化石から観た刈谷のむかし(杉浦正巳)
  • 人国記-郷土の画人・河目悌二先生-(久野あい)
  • 刈谷図書館所蔵佐藤コレクションと瓦版(佐藤峻吉)
  • [研究発表] 明徳寺川水論の顛末(鈴木繁雄)
  • 昭和五十七年度のあゆみ・会則・会員名簿・役員

《第5号》昭和58年

在庫数:在庫なし

目次

  • [講演] 瓦の伝来と三河への波及(奈良国立博物館学芸課長 稲垣晋也)
  • 御高帳 刈谷藩寛政四年・文化十一年村替について(沢俊一)
  • 衣浦と小川氏と小川水野(四)(鈴木志偈)
  • 天誅組遺聞-早川清三郎と良器和尚-(佐藤峻吉)
  • 高須村について(水谷登庸平)
  • ききがき-大野善二さんのお話(岡本建国)
  • 刈谷のいしぶみ巡り(五)河目正平先生碑(刈谷市八幡町安養寺)(萩原克彦)
  • 石像にみる庶民の信仰(野村定利)
  • 東栄町・刈谷市の道祖神と馬頭観音-(杉浦正巳)
  • 本草学について-特に刈谷市立図書館所蔵村上文庫における本草学関係文献の紹介を中心として-(四)(平野大治)
  • 貝化石から観た刈谷のむかし(二)-「刈谷市の地質・地盤」資料-(杉浦正巳)
  • 刈谷の博物誌(一)-水辺の鳥-(杉浦正巳)
  • 人国記 郷土が生んだ教育者熊木直太郎先生(久野あい)
  • [研究発表]大府の句集にあらわれた刈谷の俳人たち(加藤岩蔵)
  • 仏に魅せられて(五)-チベット仏教を訪ねて-(正木敦子)
  • [見学記]「花まつりの里」東栄町を訪ねて(原田光敏)目次
  • 昭和五十八年度のあゆみ・会則・会員名簿・役員

《第6号》昭和59年

在庫数:在庫なし

目次

  • [講演] 三河民俗の特色-祭りと芸能を中心に-(茨城大学教授 竹田旦)
  • 慶応戊辰春土井利教上京延引について-明治七年十一月土井忠直、歴史課に差し出した取調書を中心に-(沢俊一)
  • 衣浦と小川氏と小川水野(五)(鈴木志偈)
  • 刈北旧話 東境村の蔵米切手と助郷札(佐藤峻吉)
  • 刈谷のいしぶみ巡り(六)竹香田部井君碑(刈谷市高津波町医王寺)(荻原克彦)
  • 村上文庫と私(世古口徹)
  • 松本奎堂研究家久野長松先生について(矢田富治)
  • 石像にみる庶民の信仰(二)-行者・水神・田神など-(野村定利 杉浦正巳)
  • 刈谷の博物誌(二)-カエルの仲間-(杉浦正巳)
  • 人国記 志士佐々木市兵衛略伝(近藤千代)
  • [研究発表] 旧福島領・重原藩について -東刈谷方面の史跡を案内して-(稲垣恒夫 馬場敬一郎)
  • [見学記] 長篠・鳳来寺を訪ねて(杉浦正巳 馬場敬一郎)
  • 昭和五十九年度のあゆみ・会則・会員名簿・役員

《第7号》昭和60年

在庫数:在庫なし

目次

  • 福沢桃介と郷土(愛知学院大学法学部教授 林薫一)
  • 刈谷市における最古の石器-山の神石器散布地出土-(加藤岩蔵)
  • 刈谷藩『御達並願・伺等書抜』(一)-慶応三丁卯年十月ヨリ明治元戊辰年十月迄(沢俊一)
  • 衣浦と小川氏と小川水野(六)(鈴木志偈)
  • 心中・行倒・欠落(岡本建国)
  • 研究ノートガントレット恒・山田耕筰の家系について-山田耕筰・生誕百年を記念して-(稲垣恒夫 岡田洋司)
  • 刈北旧話 東境村民規約書(明治三十三年一月改正の分)(佐藤峻吉)
  • 里村紹巴と刈谷興行の杜若連歌(平野小夜子)
  • 地名に心ひかれて(深谷広仲)
  • 刈谷のいしぶみ巡り(七)仰徳園記(県立刈谷北高等学校 内庭)(萩原克彦)
  • 『我楽苦多』のすすめ(遠藤要)
  • 衣浦湾沿岸縄文貝塚の貝類(原田一夫)
  • 刈谷の博物誌(三)-キノコの仲間-(杉浦正巳)
  • [研究発表] 村上文庫の医書について(世古口徹)
  • [見学記] 犬山城・貞照寺を訪ねて(平野きみゑ 平野小夜子)
  • 昭和六十年度のあゆみ・会則・会員名簿・役員

《第8号》昭和61年

在庫数:18冊

目次

  • [講演] 刈谷の気候くらし(愛知教育大学助教授 大和田道雄)
  • 刈谷藩『御達並願・伺等書抜』(二)-明治二己巳年二月ヨリ明治六癸酉年五月迄-(沢俊一)
  • 村上忠順撰文「石川丈山先生旧里碑」について(鈴木美保子)
  • 衣浦と小川氏と小川水野(七)(鈴木志偈)
  • いしぶみめぐり[岡崎]三河男子歌(萩原克彦)
  • 三河湾と古歌の地名(四)(深谷広仲)
  • 遊行上人賦算の旅について(『刈谷町庄屋留帳』にみる)(佐藤つる恵)
  • 野田八幡宮「三十六河川歌仙扁額」についての一考察-裏面奉納者著名を通して-(稲垣恒夫) 刈谷の博物誌(四)-外国の樹木-(杉浦正巳)
  • [研究発表] 松本奎堂について(鈴木定雄)
  • [見学記] 奥三河郷土館を訪ねて(伊藤泰治)
  • [見学記] 重原藩と奥三河について(矢田富治)
  • 昭和六十一年度のあゆみ・会則・会員名簿・役員

《第9号》昭和62年

在庫数:15冊

目次

  • [講演] 重原荘と水野氏の一考察(愛知教育大学教授 新行紀一)
  • 宍戸弥四郎について(鈴木定雄)
  • 野田村稲垣家に残された善光寺詣道中日記帳(稲垣恒夫)
  • 重原藩の廃藩置県後に於ける協同茶園について(稲垣恒夫 佐藤俊克 渡邊哲郎)
  • 刈谷市のかたつむり(原田一夫)
  • 新聞記事にみる刈谷の自然(杉浦正巳)
  • 刈谷の博物誌(五)-いまはなき刈谷の大きな松-(杉浦正巳)
  • 奎堂先生碑文成案経緯-鹿門・岡千仞の生涯-(萩原克彦)
  • 画家余聞-澤梅谷・田部井竹香-(矢田富治)
  • 愛知県指定文化財「綱座天神画像」について(久野あい)
  • [研究発表] 刈谷藩寛政一揆(岡本建国)
  • [見学記] 満光寺庭園と鳳来寺傘杉、新城地域文化広場を訪ねて(丹村照明)
  • 昭和六十二年度のあゆみ・会則・会員名簿・役員

《第10号》昭和63年

在庫数:7冊

目次

  • 十周年を迎えて(会長 太田一造)
  • [講演] 刈谷の原始時代-縄文時代を中心として-(信州大学教授 大参義一)
  • 村上忠順翁について 付、村上文庫について(平野大治)
  • 刈谷のいしぶみめぐり 村上忠順先生頌徳碑(豊田市高岡町新馬場)(萩原克彦)
  • 澤梅谷画伯の画稿にみる明治二十年代(約百年前)の刈谷(杉浦正巳)
  • 刈谷の博物誌(六)刈谷市内の巨木(杉浦正巳)
  • 新聞記事にみる刈谷の自然(杉浦正巳)
  • [研修記] 井ヶ谷古窯と刈谷市北部の自然観察会(杉浦正巳)
  • 刈谷の古窯-井ヶ谷古窯址群と泉田古窯址群-(加藤岩蔵)
  • [見学記] 春日井市密蔵院・道風記念館と瀬戸市定光寺を訪ねて(原田光敏)
  • [見学記] 応夢山定光寺と藩祖徳川義直の墓(伊藤浩)
  • [史料紹介] 半高村と日清戦争(岡本建国)
  • 画家余聞-神谷石洞・清水光行-(矢田富治)
  • [史料紹介] 内藤魯一記述の会議録「該村ノ体裁ヲ定ムルノ議案」(稲垣恒夫 佐藤俊克 渡辺哲郎)
  • 浜田家に伝わる年中行事より(盆・お月見・芭蕉忌・正月)(荒木敏子 成田康代 佐藤つる恵)
  • 昭和六十三年度のあゆみ・会則・会員名簿・役員

《第11号》平成元年

在庫数:多数

目次

  • [講演] 刈谷市内の社寺林(豊橋短期大学講師 倉内一二)
  • [見学記] 豊橋市嵩山蛇穴・葦毛湿原と自然史博物館を訪ねて(杉浦正巳)
  • [見学記] 国の史跡嵩山蛇穴・葦毛湿原と豊橋市自然史博物館を訪ねて(矢田富治)
  • [研修記] 楞厳寺宝物拝観・水野家廟所見学および法栄寺の行者像の拝観について(杉浦正巳)
  • [研究発表]澤梅谷画伯の画稿にみる明治二十年代の旧刈谷藩領内の刈谷・知立(続)(杉浦正巳)
  • 島原の乱勃発時における刈谷・重原両藩主家祖先幕閣土井利勝・上使板倉重昌の動静( 馬場敬一郎)
  • 村上忠順先生編著作目録(萩原克彦)
  • 「かりや」と亀-亀城の再建を熱望する-(小嶋巌)
  • 新聞記事にみる刈谷市付近の自然(杉浦正巳)
  • 河目悌二画伯の絵に魅せられて (杉浦正巳)
  • 画家余聞(三)-加藤蘆鶴・野々山一龍-(矢田富治)
  • 平成元年度のあゆみ・会則・会員名簿・役員

《第12号》平成2年

在庫数:多数

目次

  • [講演] 刈谷の縄文時代人が食べた魚や貝『刈谷市史』第5巻資料(自然・考古)執筆(大江文雄 杉浦正巳)
  • 小牧・長久手の戦(伊藤浩)
  • 中島秋挙編『安居鐘』について(加藤岩蔵)
  • 三浦家文書にみる正徳期の刈谷藩(岡本建国)
  • 刈谷市東境町における鎌倉街道考(近藤彦三)
  • 種田山頭火と、父稔(刈谷・碧南「山頭火の世界」展の想い)(稲垣恒夫)
  • 画家余聞(四)-南画家の巨匠渡辺香堂-(矢田富治)
  • 大正時代の唄(近藤千代)
  • 新聞記事にみる刈谷市付近の自然(杉浦正巳)
  • 澤梅谷画伯の画稿にみる動植物(杉浦正巳)
  • 『澤梅谷画伯の画稿にみる明治二十年代(約百年前)の刈谷・知立』発刊について 報告
  • [見学記] 小牧市歴史館・長久手町郷土資料室を訪ねて(矢田富治)
  • [研修記] 築地町馬頭観音・一ツ木町行者像・一ツ木町西福寺・一里山町密蔵寺参詣と拝観(正木ヨシエ)
  • 平成二年度のあゆみ・会則・会員名簿・役員

《第13号》平成3年

在庫数:36冊

目次

  • [講演] 明治初期の刈谷の教育(愛知教育大学教授 片桐芳雄 )
  • [見学会講義]野間大坊・大御堂寺に伝わる源義朝公最後の絵解(野間大坊住職 水野隆円)
  • [見学会講義]知多郡南知多町日間賀島北地第四号墳の大型釣針(南知多町誌編集委員長 磯部幸男)
  • 重原藩板倉家について(浅井美雄 稲垣恒夫 佐藤俊克 渡辺哲郎)
  • 『玉蟾舎桂寿居士追悼摺物句会』について(加藤岩蔵)
  • 事件からみた明治中期の刈谷(岡本建国)
  • 画家余聞(五)-三浦月艇・都築華城(矢田富治)
  • 私と二村山(中野正夫)
  • 二村山紀行(平野きみゑ)
  • 旧葭池町の思い出(正木ヨシエ)
  • 祖母神社の祭礼について(丹羽照明)
  • [見学記] 南知多見学記 (杉山碧 河村与志子)
  • [研修記] 二村山と鎌倉街道探究記(平野小夜子)
  • 平成三年度のあゆみ・会則・会員名簿・役員

《第14号》平成4年

在庫数:28冊

目次

  • [講演] 愛知の文学(淑徳大学教授 永田友市)
  • 天誅組義挙と「大和行幸の詔」(鈴木定雄)
  • 嶋原軍秘録(壱浅井美雄 稲垣恒夫 佐藤俊克 渡辺哲郎)
  • 戦時中の配給について(丹羽照明)
  • 井村祖風をめぐる刈谷の俳人(加藤岩蔵 真野尚敏)
  • 母の歌声(近藤千代)
  • あそびの思い出(神谷敏男)
  • 子供の頃の遊び(久野あい)
  • 泉田・八王子神社の祭礼(矢田富治)
  • [見学記] 豊橋市二川宿本陣・普門寺・東観音寺(岡島英明)
  • [研修記] 東境町永源寺・来岸寺・祖母神社見学(加藤智子)
  • 平成四年度のあゆみ・会則・会員名簿・役員

《第15号》平成5年

在庫数:19冊

目次

  • 十五周年を迎えて(会長 太田一造)

  • [講演] 骨を読む『東海の先祖たち』(椙山女学園大学学長 江原昭善)
  • [研究発表] 刀のよもやまばなし(野々山修)
  • 嶋原軍秘録 弐・参(浅井 美雄 稲垣恒夫 佐藤俊克 渡辺哲郎)
  • 道一軒弥四郎君事蹟(一)(稲垣恒夫 正木ヨシエ 矢田富治)
  • 史料「天降玉ふ神仏由来記」解説-お札降りについて(岡本建国)
  • 径を歩く(一)文久絵図の拾いがき(真野尚敏)
  • 養正館教頭石川部平(一)(杉浦卓次)
  • 一色という地名について(深谷広仲)
  • 画家余聞(六)-竹内叉橋・竹内小叉・竹内春泉-(矢田富治)
  • 遊びの思い出-ぽんつくと瓢箪-(近藤千代)
  • 江南紀行(俳句)(河村与志子)
  • 刈谷東境町賛歌について(近藤彦三)
  • [見学記] 江南市及び大治町の史跡見学記 二子山古墳、江南市歴史民俗資料館・曼荼羅寺・明眼寺(平井芳男)
  • [研修記] 泉田町順慶寺・八王子神社・浄信寺研修(神谷敏男)
  • 平成六年度のあゆみ・会則・細則・会員名簿・役員

《第16号》平成6年

在庫数:1冊

目次

  • 演] 三河と秦の徐福伝承(岡崎学園国際短期大学 伊東宏 )
  • [研究発表] 絵画鑑賞の視点(都築信夫)
  • 道一軒弥四郎君事蹟(二)(稲垣恒夫 正木ヨシエ 矢田富治)
  • 径を歩く(二)寛政論所に探る(真野尚敏)
  • 養正館教頭石川部平(二)(杉浦卓次)
  • 猿渡川流域の遺跡(清水正明)
  • 刈谷周辺の円空仏(平井芳男)
  • 今村城主松原氏・筆頭与力・稲垣氏(岩月栄治 稲垣恒夫)
  • [見学記] 豊川市国分寺・財賀寺・西明寺・御油の松並木などを訪ねて(近藤千代)
  • 俳句 豊川・赤坂紀行(平野きみゑ)
  • [研修記] 野田町探訪-昌福寺・野田八幡宮・野田史料館-(永田金一)
  • 重原藩士高橋新三郎(古三郎)祐雄について(窪田新七 稲垣恒夫 佐藤俊克 渡辺哲郎)
  • 平成六年度のあゆみ・会則・細則・会員名簿・役員

《第17号》平成7年

在庫数:38冊

目次

  • [講演] 刈谷俳諧資料(岐阜大学名誉教授 鈴木勝忠)
  • 土井利徳の和歌-近世三河歌人研究-(梁瀬一雄)
  • 水野信元の生涯(その一)(鈴木定雄)
  • 径を歩く(三)記して 語る村方帳(真野尚敏)
  • 刈谷県愚考(大音竜尾)
  • 元野田村役場の一代記(一)(長谷川英治)
  • 八事興正寺と徳川宗春(永田金一)
  • 大八車は重かった-大正昭和初期の生活-(近藤千代)
  • [見学記] 笠覆寺・興正寺・長母寺・竜泉寺を訪ねて(鈴木繁雄)
  • 見学会で見学できなかった考古資料(加藤岩蔵)
  • 刈谷市に於ける西三河・知多地方史連絡協議会研究発表大会について(丹村照明)
  • 平成七年度のあゆみ・会則・細則・会員名簿・役員

《第18号》平成8年

在庫数:40冊

目次

  • [講演] 刈谷城城付四か村について(名城大学助教授 大石学)
  • 村上忠浄とその和歌(梁瀬一雄)
  • [研究発表]時代を古地図で見る楽しみ(永田金一)
  • 水野信元の生涯(その二)(鈴木定雄)
  • 径を歩く(四)村方の記録(真野尚敏)
  • 西境村「近藤和助覚え帳」(一)(丹村照明)
  • 元野田村役場の一代記(二)(長谷川英治)
  • 刈谷藩土井家中大坂加番の勤番士-大坂加番小屋図より-(筒井稔)
  • 養正館教頭石川部平(三)(杉浦卓次)
  • 戦時中の小垣江におけるケシ栽培(岡本建国)
  • 郷土の「赤い鳥」童話作家森三郎(平井芳男)
  • 四季の雨-私の小学校時代-(近藤千代)
  • [見学記] 賀茂神社・三明寺・赤岩寺を訪ねて(川村芳子)
  • [研修記] 十念寺・松秀寺・秋葉社を訪問して(正木ヨシエ 久野あい)
  • 平成八年度のあゆみ・会則・細則・会員名簿・役員

《第19号》平成9年

在庫数:38冊

目次

  • [講演] 森銑三と弟三郎をつなぐもの(梅花女子大学教授 勝尾金弥)
  • [研究発表] 依佐美送信所の建設(加藤修)
  • 深見登之野の短歌-近世三河歌人研究-(梁瀬一雄)
  • 径を歩く(五)西三河の連句(真野尚敏)
  • 故郷視点からの森三郎戦後著作(平井芳男)
  • 古墳時代の刈谷・知立(清水正明)
  • 水野信元の生涯(その三)(鈴木定雄)
  • 桶狭間合戦前後の八橋城(永田金一)
  • 初期土井家の家臣団素描(筒井稔)
  • [史料紹介] 重原藩士辻左右について(一)(稲垣恒夫 佐藤俊克 渡邊哲郎)
  • 養正館教頭石川部平(四)(杉浦卓次)
  • 西境村「近藤和助覚え帳」(二)(丹村照明)
  • [見学記] 妙興寺・津島神社・甚目寺観音を訪れて(加藤智子)
  • [研修記] 専光寺・海会寺・市原稲荷神社を尋ねる(竹中太郎)
  • 平成九年度のあゆみ・会則・細則・会員名簿・役員

《第20号》平成10年

在庫数:在庫なし

目次

  • 20周年を祝して(刈谷市長・名誉会長 榎並邦夫)
  • 20周年を迎えて(会長 太田一造)
  • [講演] 伊勢湾地域王権の成立と解体-弥生時代後期の伊勢湾地域像-(愛知県埋蔵文化財調査センター所長 加藤安信)
  • 刈谷の自然(動物)昔・今(名誉会員・小堤西池のカキツバタを守る会顧問 杉浦正巳)
  • 刈谷市文化財 京極高秀書状・増田長盛感状について(名誉会員 馬場敬一郎)
  • 刈谷市内の縄文時代中期の遺跡(矢田直幸)
  • 野田八幡宮の絵馬群(平井芳男)
  • 市原稲荷神社の四月祭り(河野和夫)
  • 桶狭間合戦に登場する知立・牛田城(永田金一)
  • 重原藩士 辻左右について(稲垣恒夫 佐藤俊克 渡邊哲郎)
  • 養正館教頭石川部平(五)(杉浦卓次)
  • 西境村「近藤和助覚え帳」(三)(丹村照明)
  • 旧刈谷藩士 宍戸昌(筒井稔)
  • 径を歩く(六)幹部学校記事に見る酒井鎬次氏(一)(真野尚敏)
  • 私の見た商業地中町の戦後四十余年(一)(長田寅之助)
  • 新緑の足助を訪ねる(小林鈔)
  • 刈谷に誇る「森銑三」のビデオ鑑賞と崇福寺拝観(稲垣光子)
  • 郷文研二十年の歩み(編集 担当)
  • 会則・細則・平成十年度の歩み・会員名簿・役員

《第21号》平成11年

在庫数:17冊

目次

  • あいさつ(会長 鈴木定雄)
  • [講演] 刈谷市における戦時中の阿片生産(愛知県立大学教授 倉橋正直)
  • 『分限帳』(筒井稔)
  • 釈了観の和歌(梁瀬一雄)
  • 森銑三著作による“刈谷”のことども(平井芳男)
  • 新美南吉と音楽(水野日出夫)
  • 岩が池畔の林は今(加藤久夫)
  • 衣浦湾東岸地域の古代製塩土器(伊藤利和)
  • 「依佐美」の語源(鈴木哲)
  • 重原藩士 辻左右について(三)(稲垣恒夫 佐藤俊克 渡邊哲郎)
  • 養正館教頭石川部平(六)(杉浦卓次)
  • 西境村「近藤和助覚え帳」(四)(丹村照明)
  • 径を歩く(七)幹部学校記事に見る酒井鎬次氏(二)(真野尚敏)
  • 刈谷市郷土資料館の設計者-大中肇=(竹中兼利)
  • 私の見た商業地中町の戦後四十余年(二)(長田寅之助)
  • 名古屋城下町史蹟と名古屋城を訪ねる(永田金一)
  • 小垣江神明神社・誓満寺を訪ねて(稲垣幸子)
  • 会則・細則・平成十一年度の歩み・会員名簿・役員

《第22号》平成12年

在庫数:在庫なし

目次

  • [講演] 刈谷の仏像(愛知県立芸術大学教授 山崎隆之)
  • 文人松本奎堂と縁ある故郷の人びと(平井芳男)
  • 釈公阿の和歌(梁瀬一雄)
  • 最古の縄文の村-八ッ崎貝塚と入海貝塚の場合-(森達也)
  • 径を歩く(八)二人の富士紀行(一)(真野尚敏)
  • 近江土豪「嶋」(飯村)氏の土井家仕官(筒井稔)
  • 吉田初三郎と刈谷町鳥瞰図(鈴木哲)
  • 重原藩士 辻左右について(四)(稲垣恒夫 佐藤俊克 渡邊哲郎)
  • 養正館教頭石川部平(七)(杉浦卓次)
  • 西境村「近藤和助覚え帳」(五)(丹村照明)
  • 伊藤三弥像を求めて(一)(山田孝)
  • 刈谷における「豊田」の発展(岡本建国)
  • 高須の歴史散歩(一)(加藤修)
  • 西尾・吉良方面の寺院を訪ねる(稲垣光子)
  • 中条遺跡発掘調査の現地見学(矢田直幸)
  • 会則・平成十二年度の歩み・会員名簿・役員

《第23号》平成13年

在庫数:在庫なし

目次

  • [講演] 天誅組と奎堂の最後(吉見良三)
  • 三河における世直し状況(岡本建国)
  • 挙母藩主内藤政峻の和歌(簗瀬一雄)
  • 刈谷の元刈谷式土器-分布の特色-(森達也)
  • 径を歩く(九)二人の富士紀行(二)(真野尚敏)
  • 『雪の岐岨踰』(上)(馬場敬一郎)
  • 刈谷の中世古城九城について(永田金一)
  • 重原藩士 辻左右について(稲垣恒夫 佐藤俊克 渡邊哲郎)
  • 津田新十郎とその家系(筒井稔)
  • 養正館教頭石川部平(八)(杉浦卓次)
  • 西境村「近藤和助覚え帳」(六)(丹村照明)
  • 刈谷の雨乞い 昔と今(平井芳男)
  • 野田の歴史散歩(鈴木哲)
  • 稲沢市内の寺社を訪ねて(加藤智子)
  • 井ヶ谷古窯跡群と深興禅寺・八幡宮・遊心寺を訪ねて(山田孝9
  • 澤 俊一先生を偲んで(岡本建国)
  • 加藤岩蔵先生を偲んで(矢田直幸)
  • 会則・平成十三年度の歩み・会員名簿・役員

《第24号》平成14年

在庫数:在庫なし

目次

  • [講演] 依佐美送信所の歴史と技術( 石田正治)
  • 全国の一宮を巡拝して(丹村照明)
  • 草鹿砥宣隆の和歌(簗瀬一雄)
  • 径を歩く(十)終戦秘話 近衛日記抜文・思出の人々酒井鎬次陸軍中将関係(真野尚敏)
  • 重原藩士 辻左右について(六)(稲垣恒夫 佐藤俊克 渡邊哲郎)
  • 続 新美南吉と音楽(水野日出夫)
  • 刈谷城絵図に見る城郭とその現状(平井芳男)
  • 『雪の岐岨踰』(下)(馬場敬一郎)
  • 母と子の図書室(清水美智子)
  • 依佐美送信所五十の謎(鈴木哲)
  • 刈谷市内の弥生時代遺跡(矢田直幸)
  • 神主貞愛の出生について(小嶋鈞)
  • 一橋家臣 脇坂円蔵について(筒井稔)
  • 松平氏から家康まで 岡崎北部方面を訪ねて(山城道枝 堀井照子)
  • 高津波の金勝寺と医王寺を訪ねて(澤清)
  • 平成十四年度の歩み・会員名簿・役員

《第25号》平成15年

在庫数:在庫なし

目次

  • [講演] 日本刀の精神性-神道から見た刀剣(熱田神宮文化研究員 福井款彦)
  • 広中養安の和歌(簗瀬一雄)
  • “幻”の刈谷の「角まんど」(加藤幸一)
  • 知られざる弘法伝説の遺跡について(永田金一)
  • 天誅組一四〇年に思う(岡本建国)
  • 刈谷における奎堂・弥四郎顕彰(平井芳男)
  • 生誕地建碑 松本奎堂碑文(読み下し文)
  • 「天誅組と刈谷」百四十年(鈴木哲)
  • 松本奎堂書簡(真野尚敏)
  • 刈谷南部の自然と子どもたち(1)-第二次大戦前後の頃を中心に-(加藤忠夫)
  • 吉田忠左衛門夫妻墓雑考(小嶋鈞)
  • 刈谷大名行列の起源について(河野和夫)
  • 土器製塩について(伊藤利和)
  • 大野氏一族攷(筒井稔)
  • 半城土願行寺周辺を訪ねて(川村芳子)
  • 知多半島の歴史と文化を訪ねて(山田孝)
  • 追 悼(岡本建国)
  • 平成十五年度の歩み・会員名簿・役員

《第26号》平成16年

在庫数:多数

目次

  • [講演] タウンアーキテクトとしての大中肇(瀬口哲夫)
  • 早川千代の和歌(簗瀬一雄)
  • 城下町刈谷の形成とその後(平井芳男)
  • 市史「維新前後の刈谷藩」を読む(岡本建国)
  • 刈谷南部の自然と子どもたち(二)-第二次大戦前後の頃を中心に-(加藤忠夫)
  • 小垣江の虫供養(加藤幸一)
  • 血脈衆(乾坤院所蔵)の「龍珠 借屋城」の謎(加藤幸一)
  • 「依佐美村の歴史」覚書(鈴木哲)
  • 中国考古遺跡・博物館見て歩記(清水正明)
  • 泉田の歴史散歩(山田孝)
  • 東境町の泉正寺と杉浦家(医院)を訪ねて(加藤智子)
  • 長篠・設楽原古戦場めぐり(澤清)
  • 平成十六年度の歩み
  • 追悼 真野尚敏幹事さん(丹羽照明)
  • 役員・編集後記

《第27号》平成17年

在庫数:多数

目次

  • [講演] 天誅組と東吉野村-志士たちの慰霊と顕彰(東吉野村教育委員会 阪本基義)
  • 「がんど」と「とんご餅」-三月三日の雛祭りの習俗(永田友市)
  • かりや雑談(簗瀬一雄)
  • 刈谷市内の指定文化財 拝観と鑑賞(平井芳男)
  • 刈谷の考古学史 一(矢田直幸)
  • 富士松北部の歴史と自然を見直す(山田孝)
  • 「刈谷町の歌」の秘密・「初雁と松本どん」あとがき(鈴木哲)
  • 小垣江の古文書 1(加藤幸一)
  • 新美南吉「たんぽぽの句」の一考察(水野日出夫)
  • 武富済と刈谷について(研究ノート)(竹中兼利)
  • 日泰寺・城山八幡宮・産業技術記念館を訪ねて(成田康代)
  • 龍江寺と法寿寺を訪ねて(加藤修)
  • 平成十七年度の歩み
  • 役員・編集後記

《第28号》平成18年

在庫数:多数

目次

  • [講演] 三河三弘法と巡礼(永田友市)
  • 於大の方 刈谷周辺に関する諸説よりみる(平井芳男)
  • 刈谷唯一の英書-ゲリ・アリンソン著『日本の都市化』(鈴木哲)
  • 刈谷の考古学史 二(矢田直幸)
  • 地域を学ぶ、地域を語る-刈谷ふるさとガイドボランティアの会の活動をとおして考える(山田孝)
  • 小垣江の古文書 2(加藤幸一)
  • 泉田の歴史をたずねて 順慶寺・観音堂・西念寺・浄信寺・八王子神社・宮東第一号貝塚(成田康代)
  • 本證寺・安城歴史博物館・上宮寺・勝鬘寺を訪ねて(竹中兼利)
  • 平成十八年度の歩み
  • 役員名簿・あとがき

《第29号》平成19年

在庫数:多数

目次

  • [講演] 西三河中世史研究の動向(新行紀一)
  • 魯一と憲法(岡本建国)
  • 日本画家 加藤紫軒(加藤修)
  • 映画になった「天誅組」 -松竹「天誅組」と大映「大菩薩峠・竜神の巻」-(鈴木哲)
  • 織豊期刈谷城主水野忠重-三大武将の家臣大名-(平井芳男)
  • 石川 謙(勲三等旭日中授章受章76歳)(加藤幸一)
  • 【史料紹介】野田村「八幡宮」について(渡辺哲郎 稲垣恒夫 矢田富治)
  • 富士松村郷土教育資料と昭和初期の富士松村(山田孝9
  • 野田資料館及びその周辺を訪ねて(稲垣光子)
  • 大府市・東浦町方面の歴史をたずねて-宝龍山延命寺・大府市歴史民俗資料館・石が瀬川・村木砦跡・宇宙山乾坤院-(竹中兼利)
  • 追悼 杉浦正巳先生
  • 哀悼 久野あいさん・野々山修さんを悼む
  • 平成十九年度の歩み
  • 役員名簿・あとがき

《第30号》平成20年

在庫数:多数

目次

  • [講演]<古書の国>三河へ(塩村耕)
  • 日本画家 加藤紫軒(続)(加藤修 加藤俊彦)
  • 塩を手に入れるということ(伊藤利和)
  • 方巌売茶の「独健帳」を読む(永田友市)
  • 縄張から見た刈谷城郭(平井芳男)
  • 刈谷古城と水野氏(加藤幸一)
  • 追悼 簗瀬一雄先生
  • 【史料紹介】野田村の「お寺」について(渡邊哲郎 佐藤つるゑ 稲垣恒夫 矢田富治)
  • 村上忠順と天誅組(山田孝)
  • 加藤与五郎のシアトル航路(鈴木哲)
  • 映画になった「天誅組」後日譚(鈴木哲)
  • 《調査報告書》刈谷の従軍記念碑と慰霊碑について(原田光敏)
  • 無線塔解体の思い出(加藤久夫)
  • 依佐美送信所記念館・小林クリエイト株式会社見学(竹中兼利)
  • 田原町の文化と歴史をたずねて -田原市博物館・池ノ原公園・祭会館・城宝寺・城宝寺古墳・吉胡貝塚資料館-(矢田直幸)
  • 『かりや』第20号~第29号目次
  • 平成二十年度の歩み
  • 役員名簿・あとがき

《第31号》平成21年

在庫数:多数

目次

  • [講演]江戸時代尾張名古屋の出版事情(青木健)
  • [講演]教育者・易者の石川文中(榮四郎) -教育者としての文中-(鈴木廣始)
  • 製作技法にみる製塩土器の器形推移 -照光堂坂下遺跡出土資料より-(伊藤利和)
  • 加藤紫軒の作品(加藤修 加藤俊彦)
  • 今川・織田合戦後の刈谷城郭炎上(平井芳男)
  • 【史料紹介】半城土村の「お寺」について(渡邊哲郎 稲垣恒夫 矢田富治)
  • 重原ほうろく(杉浦卓次)
  • 三月三日雛祭りの習俗 -がんど貰いととんご餅(永田友市)
  • 真宗大谷派「観音堂」について(矢田富治)
  • 戦後の心象風景 -学校の思い出から-(岡本建国)
  • 宮城道雄と刈谷 -一九五六~二〇一〇年-(鈴木哲)
  • 《市内研修会に参加して》松雲院の由緒と文化財(平井芳男)
  • 《県内研修》犬山城下町と寂光院(原田光敏)
  • 平成二十一年度の歩み
  • 役員名簿・あとがき

《第32号》平成22年

在庫数:多数

目次

  • [講演]江戸積み三河酒の衰退をめぐって -神谷和正編 『近世三河の酒造業』を中心に(愛知教育大学名誉教授 吉永昭)
  • 中条遺跡 備忘考(伊藤利和)
  • 高須新田の開発過程(加藤俊彦)
  • 市原稲荷神社の由来と例祭(平井芳男)
  • 深見篤慶研究ノート(山田孝)
  • 加藤紫軒「菊花図」画賛(加藤修)
  • 刈谷の土管屋さん(内藤良弘)
  • 加藤与五郎と高山樗牛・島崎藤村(鈴木哲)
  • 市内研修「幕末・維新の刈谷」を訪ねる(岡本建国)
  • 県内研修 半田市の歴史文化を学ぶ(稲垣光子)
  • 平成二十二年度 刈谷市郷土文化研究会の歩み
  • 平成二十二年度 刈谷市郷土文化研究会会員名簿
  • 刈谷市郷土文化研究会案内
  • 『かりや』第三十三号投稿規定
  • 刈谷市郷土文化研究会会則
  • 平成二十二~二十三年度役員
  • あとがき

《第33号》平成23年

在庫数:多数

目次

  • [講演]わが歌の恩人達(1)鈴木定雄(愛知淑徳大学非常勤講師 鈴木竹志)
  • 縄文時代のどんぐり食を考える (清水正明)
  • 【史料紹介】野村伴右衛門源直温について(矢田富治 稲垣恒夫 佐久間美佐子)
  • 「刈谷町の米騒動」を考える(岡本建国)
  • 秋葉祭礼の万灯奉納(平井芳男)
  • 岡千仞・鹿門家伝来の松本奎堂の書-仙台から里帰りした松本奎堂遺墨-(高野基弘)
  • 岩倉具視関係文書にみる伊藤謙吉(竹中兼利)
  • 方巌売茶年譜(稿)(永田友市)
  • 愛知県議会議員 内藤魯一(山田孝)
  • 刈谷に豊田なかりせば(前編)(渡邉健二)
  • 昭和二十五年四月一日刈谷市誕生(河野和夫)
  • 依佐美送信所保存運動の歩み(加藤修)
  • 森三郎と「一二三会の歌」(鈴木哲)
  • 「森三郎生誕百年」行事を終えて(西村清)
  • 《覚書》刈谷市における弘法伝説について(原田光敏)
  • 《市内研修会》専光寺を訪ねて(小塚修三)
  • 《県内研修会》幸田町の歴史と自然を学ぶ -本光寺・正楽寺と深溝断層-(長嶌秀雄)
  • 前会長・鈴木定雄さんを悼む(刈谷市郷土文化研究会会長 岡本建国)
  • 追悼 名誉会員・小嶋巌さんの思い出 (水野日出夫)
  • 平成二十三年度 刈谷市郷土文化研究会の歩み・平成二十四年度予定
  • 平成二十三年度 刈谷市郷土文化研究会会員名簿・役員
  • 刈谷市郷土文化研究会案内
  • 『かりや』第三十四号投稿規定
  • 入会申込書・『かりや』第三十四号投稿申込書
  • あとがき

《第34号》平成24年

在庫数:多数

かりや第34号画像

目次

  • [文化講演会]刈谷ゆかりの馬淵晴子・松尾葉子・山本陽子(粟屋誠陽)
  • 中条遺跡 備忘考 2 (伊藤利和)
  • [史料紹介]野村伴右衛門源直温について(二)(稲垣恒夫 矢田富治 佐久間美佐子)
  • 刈谷藩初代藩主 水野勝成 ―刈谷偉人伝その二「水野勝成物語」を見る―(長嶌秀雄)
  • 天誅組をどう見るか ―刈谷偉人伝その一「幕末をかけぬけた刈谷の志士たち」を見て― (山田孝)
  • 天誅組参加者を支えた三河・尾張の知識人たち(山田孝)
  • 「史劇天誅組 松本奎堂」―長尾盛之助作、新劇文芸団・酒井淳之助主演―(鈴木哲)
  • 刈谷に豊田なかりせば(後編)(渡邉健二)
  • 刈谷町熊出身の衆議院議員 三浦逸平(竹中兼利)
  • 依佐美送信所保存運動の歩み(続)(加藤修)
  • 小垣江の細工人形(加藤幸一)
  • 鈴木定雄年譜 一九二二~二〇一一年 ―医師・歌人・郷土史研究家―(鈴木哲)
  • 市井の人・原田光敏君を悼む(西村清)
  • [市内研修会]小垣江の超円寺・龍江寺・専称寺(加藤幸一)
  • [県内研修会]清洲城と清須宿・美濃路を歩く ―問屋記念館・総見院・清洲公園―(長嶌秀雄)
  • 平成二十四年度の歩み・平成二十五年度予定
  • 刈谷市郷土文化研究会案内
  • 『かりや』第三十五号投稿規定
  • 平成二十四年度 刈谷市郷土文化研究会会員名簿・役員
  • 会則 平成二十四年四月十五日改訂
  • あとがき
  • 後付

《第35号》平成25年

在庫数:多数

かりや第35号画像

目次

  • [文化講演会1]五條における天誅組~二日間の新政府(「維新の魁・天誅組」保存伝承・顕彰推進協議会特別理事 舟久保藍)
  • [文化講演会2]村上文庫資料の魅力 (代々木ゼミナール講師・文学博士 高木浩明)
  • 西中神明社南遺跡について(私見)(伊藤利和)
  • 幕末刈谷藩 洛西上嵯峨出兵(三ツ松悟)
  • 野田八幡宮神主 榊原宣安(山田孝)
  • 「天誅組と刈谷」二〇〇四~一三年(鈴木哲)
  • 松本奎堂辞世の歌の秘密(鈴木哲)
  • 新美南吉 徒然考(酒井豊)
  • 刈谷偉人伝その4「森銑三と森三郎兄弟」―ふるさと刈谷で育まれた固い絆―(竹中兼利)
  • 稲垣光子さんを偲んで(竹中兼利)
  • [市内研修会]熊地区安養寺・熊野神社を中心に(竹中兼利)
  • [県内研修会]吉良の文化財・遺跡めぐり―東条城跡・華蔵寺・正法寺古墳・国宝金蓮寺弥陀堂―(長嶌秀雄)
  • 平成二十五年度の歩み・平成二十六年度予定
  • 刈谷市郷土文化研究会案内
  • 『かりや』第三十六号投稿規定
  • 刈谷市郷土文化研究会会則
  • 平成二十五年度 刈谷市郷土文化研究会会員名簿・役員
  • あとがき
  • 後付

《第36号》平成26年

在庫数:22冊

かりや第36号画像

目次

《文化講演会》トヨモーターと天才ライダー川真田和汪(冨成一也)
古代の固形塩について(伊藤利和)
鎌倉街道と刈谷(渡邉健二)
村上忠順と伊勢神宮動座反対騒動(山田孝)
熊木直太郎の子守教育(加藤修・竹中兼利)
三浦逸平と刈谷(竹中兼利)
入門・明治用水(加藤幸一)
『加藤与五郎先生のアメリカ旅日記』こぼれ話 一九五八年アメリカ旅行同行者(徳江哲夫)
だれが「フェライトの父」と言ったか―加藤与五郎とジョージ‐エコノモス―(鈴木哲)
「刈谷新聞」に見る一九五〇年代の刈谷(岡本建国)
青函連絡船洞爺丸沈没六十年 船長・近藤平市の墓(三ツ松悟)
《市内研修会》金山揚水場と内藤魯一・乾蔵居宅(矢田直幸)
《県内研修会》信長・秀吉が見つめた尾張津島巡り―津島神社・天王通り散策・太鼓工房・堀田家住宅―(長嶌秀雄)
平成二十六年度の歩み・平成二十七年度予定
刈谷市郷土文化研究会案内・『かりや』第三十七号投稿規程
平成二十六年度 刈谷市郷土文化研究会会員名簿・役員
あとがき
後付

《第37号》平成27年

在庫数:22冊

目次

  • [文化講演会]桶狭間への道―西三河における織田氏と今川氏の抗争―(愛知教育大学教授 松島周一)
  • 矢作川下流域で捕食されてきた貝類(伊藤利和)
  • 刈谷藩奥州分領湯野陣屋跡訪問記(三ツ松悟)
  • 佐々木市兵衛略伝を見直す(山田孝)
  • 小垣江新田と平野宗家及び枕返塚(内藤元久)
  • だれがThink Without Booksと言ったか―加藤与五郎とアーヴィング・ラングミュアー―(鈴木哲)
  • 日本画家 加藤紫軒(続々)―佐久島昇平のアルバムより―(加藤修・加藤俊彦)
  • 「刈谷新聞」に見る一九六〇年前後の刈谷(岡本建国)
  • 追悼 平井芳男さん(岡本建国)
  • 永田友市先生を偲んで(竹中兼利)
  • [市内研修会]刈谷城址・刈谷市郷土資料館本館と分室の見学(矢田直幸)
  • [県内研修会]天平から明治までの豊川巡り―西明寺・三河国分尼寺跡・御油赤坂―(長嶌秀雄)
  • 平成二十七年度の歩み・平成二十八年度予定
  • 刈谷市郷土文化研究会案内・『かりや』第三十八号投稿規定・執筆要綱
  • 『かりや』所収刈谷城・天誅組・依佐美送信所記事一覧
  • 刈谷市郷土文化研究会会則・平成二十七年度 会員名簿・役員
  • あとがき・後付

《第38号》平成28年

在庫数:25冊

目次

  • [文化講演会]子どもの本を楽しむ(児童文学作家 野村一秋)
  • 古代東海道沿路の遺跡―二村山周辺から矢作川渡河推定地点―(清水正明)
  • 探訪・刈谷藩江戸上屋敷―稲垣家以降の刈谷藩江戸上屋敷―(三ツ松悟)
  • 街道を歩く(岡部恒)
  • 野田の俳人笠亭桃里と野田村十六景(鈴木哲)
  • 名古屋市広見国民学校学童の富士松村への集団疎開(山田孝)
  • 「刈谷新聞」に見る一九七〇年代の刈谷(岡本建国)
  • 森銑三・三郎と刈谷(神谷磨利子)
  • 刈谷市の野鳥(宮原英明)
  • [市内研修会]境川河口の野鳥観察会(長嶌秀雄)
  • [県内研修]埴輪や道風らの歴史を訪ねる春日井市巡り(長嶌秀雄)

お問い合わせ

中央図書館
刈谷市住吉町4-1
電話:0566-25-6000 FAX:0566-26-0510

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

刈谷市郷土文化研究会

  • 会誌「かりや」索引一覧

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。

刈谷市役所

〒448-8501 愛知県刈谷市東陽町1丁目1番地
電話番号:0566-23-1111(代表)
開庁時間:月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜日・日曜日、祝日及び年末年始は休み)
Copyright © 2012 Kariya City,Aichi,Japan. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る